03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


買い物難民 

2011.01.16
Sun
09:28

高齢化や小売店の減少で、日用品の購入に困っている物難民が増えていることを指摘してきましたが、
今やそれは、私のふるさと(奈良県曽爾村)のような過疎地域だけの問題ではなく、むしろ今、急速に高齢化が進んでいる都市部で顕在化してきているようです。

日経新聞に記事がでていますが、
・「都道府県の7割で問題が発生」
・「13の県が深刻な問題」
・「過疎地」だけでなく「住宅団地」や「中心市街地」でも発生
とあります。

60~70年代に大阪のベッドタウンとして開発された住宅地の多い奈良市西部でも
「この10数年の間に『暮らしにくい』街になった。最初に、団地の中心部にあった近商ストアが潰れた。そのあおりを受けて周辺の商店も次々と休業した。…スーパーも、コンビニも八百屋、酒屋、パン屋、中華料理屋、寿司屋、ケーキ屋、和菓子屋、家電店、薬屋、文房具屋、散髪屋などが、はのぬけるように姿を消した」

「代わりに進出したのは…大資本のなんでも屋スーパーである。それらは団地からギリギリ徒歩圏内にあるが、高齢者には遠すぎる」と報告されています(「蛇行社通信34号(発行人:吉田智弥)」。

経済産業省は、「買い物弱者応援マニュアル」を作り
店を作る、商品を届ける、出かけやすくするの三つをあげて、各地の取り組みを紹介したりしていますが、
問題は、そうした取り組みの担い手、ということになるのでしょう。

地域コミュニティの再生が求められている所以ですね。
コミュニテイショップや買い物支援、高齢者移動サービス等の仕組みを、地域で作っていく…というような。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


キタバ社会保険労務士事務所


スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


2011年の奈良 

2011.01.09
Sun
12:39

年が明けてから1週間。

昨日からの3連休をはさんで、来週にかけては新年会や賀詞交換会のシーズンですね。

主催者や来賓が新年のあいさつをして、今年がどんな年かを述べ、
それぞれの健康や発展を祈念する、というのがお決まりのパターンでしょうが、

奈良県の荒井知事はこんなあいさつをHPに掲載しています。

・(昨年の)平城遷都1300年祭は奈良の持っている価値、歴史そのものを発信することで大きく賑わった。このお祭りを一過性のものとせず、「巡る奈良」事業をはじめ、奈良で完成した「古事記」、「日本書紀」や「万葉集」を題材にした事業を展開して、大きなポテンシャルを持つ奈良の魅力を観光の飛躍的発展につなげていきたい。

・「ポスト1300年祭」の観光振興の次には、「地域経済の振興」と「良質の雇用の確保」が重要です。「奈良でくらし、奈良で働く」を実現していくため、企業誘致と地場産業の活性化による雇用の創出に取り組んでいく。

・高齢者や障害者が生きがいや誇りを持って安心して暮らせるような支援を行い、県民すべてが生き生きとした活力ある健康長寿県の実現を目指したい。

・中南部・東部地域の振興についても、力を注ぎたいと思います。元気なまちづくり、生き生きとした暮らしづくりに向けた県の取り組みに、ぜひ県民の皆さまのお力を添えを。
奈良県HP


近畿のほとんどが入る「関西広域連合」とは一線を画し、独自路線を行く奈良県。
そのことの是非はいろいろ議論もあるでしょうが、

ポスト1300年、というところで、知事は不景気や過疎化で崩壊寸前の県内各地域に軸足を置いているのだと理解しています。

「地域」や「コミュニティ」の重要性が、ますます強まることになるのでしょう。

いっしょに、知事の姿勢がホンモノかどうか、見ていきましょう。



キタバ社会保険労務士事務所






Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


年末、痛ましい事故が 

2010.12.31
Fri
17:26

年の瀬に、隣の三重県で痛ましい事故があった。

記事

電車の通過待ちをしていた3台の自転車に後ろから来た乗用車が追突。
踏切内に押し出された自転車が近鉄電車にはねられ2人が死亡、1人がけがをした、というものだ。

死亡した2人のうち、一人は中国からの実習生(23歳)。勤務先のプラスチック工場が休みになり、同僚とスーパーに買い物をした帰りだった、という。もう一人の死亡者は病院の研修医(40歳)。

ニュースを聞いて、今月初めに奈良県内で中国人技能実習生を相手に行った研修を思い出し、被害者とその時の彼らの姿がダブって、他人事とは思えなかった。新聞のコメントでも「仕事はまじめで、周りの信頼を集めていた人だったのに、無念」とある。

もう一人の研修医の方のことは詳しく書かれていませんが、突然彼らを襲った不幸は、「事故、だから仕方がない」というには、どうにもやりきれない感じがするニュースでした。

他にも火事やスリップ事故のニュースなども出ています。
年末寒波の影響で、近畿地方も大雪。
くれぐれも、事故のないようにお気をつけください。


キタバ社会保険労務士事務所(奈良県・橿原市)
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


NPOへの寄付控除 

2010.04.08
Thu
09:37

日経新聞の記事によると、政府税調は、NPO法人への寄付を促すため、税額控除の導入を柱とする支援税制の基本方針を決める、とのことです。

鳩山首相が提唱する「新しい公共」の担い手として期待されるNPOですが、たいていのNPOは資金不足。そこで税制を改革して寄付をしやすくする、というのが狙いです。02年度と、やや古い数字ですが、日本の個人寄付金総額は2189億円で、アメリカの22兆9920億円に比べ1%未満、という数字。
これほどまでに差があるというのは、再認識しました。

公共サービスを担うことが期待されるNPOですが、ややもすれば「安上がり」の行政の下請け機関、というような扱いをされることも多々あって、この国の行政サービスの形を変えていくためにも税制の問題はとても重要だと思います。

ただ、具体的な制度設計は11年度の税制改革大綱の中で示されるようで、これからどんな形にまとまっていくのか、気になるところです。それとこうしたことが話題になると必ず出てくるのが制度を悪用する輩たち。真面目にやっているところと、どう区別するのかが問題になります。

これからの少子高齢化社会を、いかに持続可能な形にしていくのか、そのためにどのようにお金を回すのか、が問われています。是非、いい形になるようにお願いしたいものです。


キタバ社労士事務所
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


夜行バス 

2010.03.31
Wed
21:21

早くも、3月もおわり。
別れと、新しい旅立ちの季節ですね。
なんとなく、せつなさと期待がいりまじって、複雑な心境です。

最近、立て続けに東京を往復する機会があり、経費節減のため夜行バスを利用しています。
いままで知らなかったのですが大阪~東京間を、四千円で移動出来るバスもあるのですね。

安いのにびっくりしました。ただ、ためしに乗ってみた感想としては、いまいち、と言うところ。窮屈なうえ、よく揺れます。
全くねむれません。

すこしくらい寝なくても大丈夫,と言うつわもの向きですね。私はすぐに方針転換してしまいました。

それでも新幹線の半分程度で行けるのはありがたいです。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。