07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 時事ニュース


中小企業の数 

2014.01.14
Tue
23:17

中小企業の数が400万社を割る(12月27日)

日本の起業のうち、中小企業に分類されるものの数は99.7%。
つまりほとんどは、中小企業というわけなんですが…

「中小企業庁は、政府が実施した「経済センサス・活動調査」の結果を集計し、中小企業の数が385万社(2012年2月時点)だったことを発表した。同庁が調査を開始して以来、初めて400万社を割り込んだ」

とのこと。
中小企業庁、該当記事

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 時事ニュース


wの未来 

2013.05.12
Sun
06:07

今、日経新聞で連載されている「Wの未来」という記事。サブタイトルは「世界を動かす」。つまり世界の女性の活躍状況を伝えようというものだが、なかなか興味深く読ませてもらっている。

日本以上に男性中心と言われる韓国だが、女性が大統領になり、企業でも早くから女性の可能性に注目していた、という。

安倍政権は成長戦略の一つに以下のように「女性の活躍」を掲げる。

女性が輝く日本
・役員に1人は女性を登用

・待機児童解消加速化プラン
横浜方式の全国横展開。今後2年間で20万人分の保育の受け皿を整備。さらに2017年度末までに20万人増を図り、待機児童ゼロを目指す

・3年間抱っこし放題での職場復帰支援
3年育休の推進を経済3団体に要請。助成金や「学び直し」プログラム。

・子育て後の再就職・起業支援


など。

だが、最先端の取り組みをしている大企業でも、管理職登用などには女性優遇、との批判が強く、女性自身も、
「実力ではなく、性別で選ばれたと見られるのは嫌」との反応だという。

問題は、女性自身も含め、意識改革が必要だということ、そして配慮することと公正に評価することのバランスをどう取るかということ、ではないだろうか。


大企業ばかりでなく、中小企業にも導入できるモデルを。




Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: このブログについて


ブログの整理 

2013.04.20
Sat
07:47

ブログをいろいろ試したり、フェイスブックに書いたりと、あれこれ試行錯誤してきたのですが

ちょっと整理します。

こっちのブログでは、主に趣味やライフにかかわる部分の記録にします。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 時事ニュース


税と社会保障の一体改革 

2011.01.20
Thu
21:27

ようやく、こういう動きが出てきましたね。
日経新聞

与謝野大臣がどうだとか、民主党マニュフェストがこうだとか、マスコミはいろいろ言ってますが、

「持続可能な社会保障制度」をどう作り上げるのか、というところがポイントのはず。

政治的な駆け引きの道具でなく、大所高所に立ってこれからの社会の在り方を議論し、示してほしいものです。



キタバ社会保険労務士事務所
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 時事ニュース


伊達直人とトイレの神様 

2011.01.12
Wed
09:53

最近、日本も捨てたもんじゃないな、と感じている出来事が二つある。

一つはタイガーマスクの主人公・伊達直人の名で広がっている、匿名寄付。
昨年12月以降、ランドセルや文房具を施設などに贈る運動として広がりを見せ、
いまや社会現象というべき状況です。

テレビでタイガーマスクを見ていた世代の私としては、懐かしくもありますが、
最近は、寄付や善意の行動なんて「偽善」と受け取られる風潮もあった(今もある)中、ちょっと驚きの展開になっていますね。

なぜなのか、どううけとめていいのか、よくわからないところもありますが、善意は素直に評価し、

一過性のものではなく、是非NPOや社会的活動をささえる寄付文化やボランティアの定着につながってほしいと思います。

そういえば、あの頃のテレビのヒーローは、貧乏だったり、恵まれなかったりする主人公が努力して夢を実現していく、というストーリーが多かったように思います。

また、そういう主人公を、社会全体が応援していたようなところがありました。

巨人の星、あしたのジョー、ハリスの風、アニマルワン、てんとう虫の歌…

そういう雰囲気が、もういちど今の時代に必要なのかもしれない、と思っています。


もうひとつは、植村花菜が紅白でもうたった「トイレの神様」。

彼女とおばあちゃんにどんなストーリーがあったのか、詳しくは知りませんが、
なぜか聞いているだけでうるうるしてくる曲ですね。

詩にもメロディーにもスピリットがある、というか、何か魂を揺さぶられるようなところがあって、

若者の感性からこういう曲が出てきたところに共感しています。




キタバ社会保険労務士事務所

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。