03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


ダイバーシティ企業 

2013.07.16
Tue
07:54

7月12日はダイバーシティ企業フォーラムに参加。
平成24年度ダイバーシティ企業100戦に選ばれた関西の企業の、取組み報告などが行われた。

行政や大各教授の話より、中小企業で頑張っている経営者の話に説得力があった。
「ダイバーシティなんて、言葉も知らなかったが、社員第一でやってきた事がそれだと言われた」


ダイバーシティも、ワークライフバランスも、いわば行政が広めようとしている言葉で
現場にいる人たちは、そんな言葉はどうでもいい。問題は、その内実が伴う取組みがあるかどうか、だ。

社会にまだ評価されていない、女性、障害者等の潜在能力をどれだけ活かせるか。
それを受入れる企業風土があるかどうか。
トップが、ハラを固めているか。



そういう、芯のある企業は、強い。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


三年以内に 

2012.11.07
Wed
23:24

就職難。
そして三年以内に、半分が辞める時代。


今までの常識は、すててかかるべし。


Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: ビジネスアイディア  * janre: ビジネス


* category: ビジネス


スーパーホテル 

2010.11.09
Tue
22:41

平城遷都1300年で盛り上がった奈良県。
しかし県内にはホテルが少なく、大阪や京都に宿泊して、奈良を訪れた、という人も多いはずだ。

観光地としては宿泊施設の貧弱さが指摘される奈良県だが、
JR奈良駅前に、前からちょっと気になっていたホテルがある。
スーパーホテルLOHAS・JR奈良」だ。

できた当初は、「ホテルにまでLOHASを掲げる時代か」と少しびっくりし、
「キャッチフレーズがうわすべりしないのか?」と批判的な感想を持ったもの。
いったい、仕掛けたのはどんな人なのか、と思っていたが、
このほど全国に94店舗を展開する株式会社スーパーホテル会長の山本梁介氏の話を聞く機会があった。
そして、とても学ぶところが多かった。

LOHASとは、Lifestyles Of Health And Sustainability 、
つまり「健康と持続可能性の(あるいはこれを重視する)ライフスタイル)」。
人と地球にやさしい、21世紀のキーコンセプトとなる価値観だ。

スーパーホテルは「ぐっすり眠れるLOHASホテル」をキャッチフレーズに、
ビジネスホテルで顧客満足1位、
2009年日本経営品質賞を受賞したという。

会長の思想が会社のコンセプトになり、
社員を自立型感動人間として育てあげ、
お客様へのサービスを提供した結果、ということだろう。
LOHASという切り口で、お客様に貢献し、
信頼を得て、利益をあげ、従業員の成長も実現する。

批判的に見ていた自分の認識を、180度変えなければならない、と思った。


キタバ社労士事務所




-- 続きを読む --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


モチベーション 

2010.03.14
Sun
12:57

日経プラスワンに、「モチベーション」について掲載がありました。

それによると
(1)日々の仕事にやる気をもって取り組んでいる?
・取り組んでいる=24%
・どうちらかといえば取り組んでいる=56%

で、あわせて8割。

(2)やる気の源は?(複数回答)
・給料など収入=70%
・仕事への責任感=55%
・達成感=49%
・上司、同僚による評価、取引先や利用者からの感謝…

(3)やる気をもって取り組んでいない理由
・がんばっても昇給や昇進につながらない=57%
・「会社のために」と思える組織でない=44%

等となっています。

最近のご時世では、業績悪化で給料アップはままならない。
にもかかわらず、競争勝ち抜くために、個々人の仕事のパフォーマンスを上げることが求められています。
会社側としては、どんなインセンティブを用意するか。けっこう難しい問題ではないでしょうか。

大事なのは、ちょっとした言葉かけやほめること、だといいますがでも、それも日ごろからの関係がないと、逆に反感を買うことも…、とあります。
人間関係って、難しいですね。


そして、日常的に高いやる気を持ち続けるのは難しいので、「自分のやる気を、自分でコントロールできることが大切」とあります。

やる気を高めるためにしていることは
・目標を立てる
・趣味などで気分転換
・やるべきことを書き出す
・休みの計画をたてる
・自己啓発本を読む

など。こうした調査も会社の人事労務管理の参考にする必要がありますね。

転機にある今のボクの場合も、自身を相対化し、これからの方向や目標を整理することが必要な時期なのかもしれません。

キタバ社労士事務所

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


飲食業の倒産 

2010.03.12
Fri
21:40

東京商工リサーチは9日、飲食業の倒産状況を発表

2009年における飲食業倒産は、前年比6.7%増の789件で8年連続で前年比増となったそうです。

・原因別では販売不振が全体の7割
・形態別・では破産が8割
・従業員数別では5人未満が8割

とのこと。

給与・賞与の減少で個人消費が低迷。
デフレの進展も相まって業者間の価格競争が激しさを増している。

外出を極力抑えて自宅で過ごす「自宅派」、いわゆる「イエナカ消費」「巣ごもり消費」の増加という消費動向の変化、節約志向もあります。

そういえば、ボク自身も最近外に飲みに行く機会というのがめっきり減りました。
なんだか、世の中全体が悪循環に陥っているような感じがしますね。
パーっと飲んで憂さ晴らし、というささやかな贅沢すら、しにくくなっている今日この頃。

厳しいですね。

キタバ社労士事務所
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。