10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 今日の出来事  * janre: 日記


* category: 未分類


デイサービス 

2005.11.29
Tue
23:17

在日朝鮮・韓国人のデイサービス事業に取り組んでいるという人に出会った。
「在日には在日のニーズがある」という。
言葉の問題、文化の違い、過去の歴史のトラウマなどなど。そういうことを認識してサービスしているかどうかというのは、受ける側にとって大問題だ。
「高齢化で福祉はもうかる」という安易な発想で、様々な人が参入しているが、一人ひとりの心の機微にふれるようなサービスを提供してくれるところにがんばってほしい。

持続可能な展開のために、金は必要だが、金のために福祉を食い物にしてほしくない。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日々のつれづれ  * janre: 日記


* category: 未分類


自然フェスティバル 

2005.11.25
Fri
13:56

11月23日、明日香・石舞台であった「親子自然フェスティバル」に参加した。
天気もよく、とても気持ちのいい空気の中、天突座の太鼓と獅子舞で幕をあけた。獅子舞は日頃あまり見ることがないので、みんな興味深かったようだ。
その後、ボランティアやNPO団体の体験遊びメニューが実施された。
牛乳パックで作った飛行機、ブーメランは、予想外によく飛び、おもしろかった。
竹馬も、何十年ぶりかで乗ってみたが、当時ほどうまくはないが、充分に乗れて、楽しかった。子どもも、ほぼ乗れるようになったようだ。
ネイチャ-ゲームも、親子共々に遊びながら自然と親しむ、というもので、忘れかけていた草のにおいを思い出した。
自然の「癒し」の効果。
日々のストレスからすこしだけ解放されたような気がしました。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 面白いもん、見ーっけ☆  * janre: 日記


* category: 地域


シングルの時代 

2005.11.19
Sat
10:19

「シングルの時代だ」、という。
伊田広行「シングル化する日本」を読んだ。なかなか面白い、と思った。山田昌弘氏の「パラサイトシングル」も、うまく今の状況を捉えていると思ったが、伊田氏は若者の問題だけでなく、さらに突っ込んで総合的にこれからの展望を示しているように思う。

山田昌弘

伊田広行
-- 続きを読む --
Comment(2) | Trackback(1) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日々のつれづれ  * janre: 日記


* category: 未分類


男女共同参画 

2005.11.17
Thu
16:46

男女共同参画の意見交換会というのに参加した。
意見発表を求められて、
?男もつらいよ
?様々な問題が起こっている今だからこそ、男の育児、家事、介護への参加が必要
?自殺や過労死にならないように、男が自分を見つめなおすことができるような居場所を
といったことを発言したつもりだが、うまくつたわったかどうか?
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: **+今日の出来事+**  * janre: 日記


* category: 未分類


追悼、猫のおっちゃん 

2005.11.13
Sun
17:27

なくなった「猫のおっちゃん」のお墓参りに行った。

自殺については、先物取りひきのセールスにのって、認知症の母親から預かっていた貯金をなくしてしまったというのがきっかけの様だ。
躁鬱病で仕事ができないうえに、認知症の母親をかかえてこれからどうしていくか見通しがたたず、焦りがあったんだろう。
そのうえに貯金までなくしてしまって…。

そういう状況をかかえた人たちに、今の社会はあまりに冷たい。ほかにも周りにはニートになっている子どもをかかえ、悩んでいる友人もいる。
自分や自分の子どもも、同じような状況にならない、とは決して言えない。

「猫のおっちゃん」。天国では、きっとだれもおっちゃんのことを責めないよ。
ありのままの自分で、マイペースでやってくれ。
トランプ仲間を作ってね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。