08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 健康


「鶴瓶の家族に乾杯」曽爾村編 

2009.09.30
Wed
12:37

持病の痛風が再発しました。
少し前から、違和感があったのですが、土日はイベントもあったので、我慢しているうちにさらに悪化し、我慢できなくなって病院に行ってきました。

尿酸値は、7を少し超えた程度なので、薬を飲まずに様子を見てきたのですが,そろそろ限界かもしれません。鎮痛剤を処方してもらって,少し痛みがやわらぎました。

ところで、28日の夜、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」で、わがふるさとが取り上げられていました。
前編はみのがしたのですが、わざわざ母親から電話があり、「後編は今日やで」と教えられたのでした。
何人かは知っている人も出てきて、鶴瓶さんやゲストの坂崎幸之助さんと微笑ましい会話をしていました。

感心したのは、子どもの頃、病気になるといつもお世話になっていた関本先生が出てきて、未だ現役として活躍している姿を見た事。今も週に3回は診察をし,急な患者があると診ている、とのことです。
いや〜、関本先生、ご健在でなによりです。

村で唯一の開業医で、村人すべての健康を一人で管理されてきたような人です。
今は診療所もあり、車でいけば榛原や名張の病院にもいけるのですが、子どもの頃はもっぱら関本医院でした。その待ち合い室で、ほのぼのとした世間話がかわされていた事をなつかしく思い出します。

先生のところは代々お医者さんの家系で、娘さんも歯医者さんをしておられる、というのは聞いていましたが,…。先生はちょっとこわそうで、近寄りがたく、きっと名医なんだろうと信じていましたが,番組ではにこにこと「いやいや、ヤブ医者ですがな」といいながら、奥さんや鶴瓶さんとお話されていたので、イメージがずいぶん変わって見えました。


今や医療の世界も,経営手腕が問われるのだと言います。医療と言うのはお医者さんと患者さんの信頼関係で成り立っているはずなのに、「いのちの軽重も、要するに金次第」ということになってしまうのでしょうか?
後期高齢者医療制度も廃止されるというけど、どうなるんだろ?
少子高齢化で財政はきびしく、国民皆保険制度自体が維持できるのか、という瀬戸際にあります。なんだかせちがらいですね。


診療報酬や介診療報酬の不正請求事件があったりして,なんだかおかしなことになっています。
やっぱり医療や介護も、原点は地域にあるべきだし、相互の信頼関係の上に健康を管理できるような形になっているべきだと思うのですがね。

今後の医療制度がどうなっていくのか、注目です。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


 ISO26000 

2009.09.26
Sat
20:06

奈良でCSRについての学習会があるというので、参加してみました。

テーマはISO26000。
主催は奈良NPOセンター
講師はダイバーシティ研究所の田村太郎さん。

ISOは9000とか14000のことをよく聞くが、
国際標準化機構(nternational Organization for Standardization)の略称。
スイスのジュネーヴに本部本部を置く非営利法人です。
国際化の伸展とともに、国や地域で企画が異なっていたらこまるので、一定の基準作りをしていこうということで、ネジなど工業分野の国際的な標準である国際規格を策定するところ。
(そういえば、写真の感度でもISO400とか、あったよな)

そのISOにあって、9000は品質マネージメント、14000は環境マネージメントですが、今26000を策定して行こう,と言う動きがあるらしい。

これまで「社会的責任」は主に企業に対してCSRという形で求められてきましたが、では行政や市民の側に責任はないのか、というとそうんなことはないわけで、持続可能な社会のためには企業だけではなく、それぞれが出来る分野で連携して取り組む事が求められています。ということで、CSRのC(コーポレート=企業)をとって、SRにし、組織の「社会的責任」に関する国際規格を作って行こうということのようです。

その内容は
・2010年10月に発行予定
・すべての組織で適用可能であること
・第3者認証を目的としないガイダンス文書であること
・中核主題は、組織統治、人権、労働、環境、公正な事業慣行、消費者、コミュニティの社会的経済的発展。
・ISO初の、マルチステークホルダー(政府・産業・労働・消費者・NGOなどの多数の利害当事者)
参加による、企画づくりであること
等。

今後、きわめて注目すべき動きと言っていいでしょう。
特に日本では、CSRと言った場合に、環境分野では取り組みが進んでいますが,その一方で社会面ではまだまだ,と言われています。
女性の社会参加や障害者雇用の問題、それに地域の持続可能性の問題等はこれからもっと取り組み必要があるし、企業だけではなく、行政機関や市民、値域レベルの各団体もひっくるめて、取り組みが求められてくるでしょう。
そんな部分で、社労士も一翼を担うべきではないか、という問題意識があります。

今後の動きに,注目、ですね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


新たな一歩を… 

2009.09.20
Sun
10:26

民主党を中心とする鳩山政権が誕生。大臣も決まって、これからどんな政治をやってくれるのか、期待が高まっている。
福島みずほ氏は、「この政権の意義は二つある」とし、その一つは、「『小泉構造改革路線』との決別」なのだ、とNHKの日曜討論で言っていた。(もう一つは「お金の使い道について国民目線から監視する」というような事だったと思う。正確ではないかもしれないが…)。
「小泉改革」との決別、は支持したい。
ただ、その具体的な中味はどうなるのか、これからの動きに注目だ。

特に、雇用問題や少子化対策、医療、年金といった部分では、社労士業務とも大きく関わる改革や法改正が予想される。しっかり動きをフォローしていかなくては。

その一方で、自民党の総裁選。
19日の公開討論で「小さな政府」をめぐって、論戦があったという。
谷垣氏は「少子高齢化社会は、『小さな政府』では限界がある」とし、
河野氏は「『小さな政府』で経済成長をめざす」と構造改革路線の徹底を訴えた、と。

同じ問題は、民主党政権の中でも議論のあるところだろう。
これをただちに「消費税の税率」の問題と結びつけて論じようとする向きもあるが、それは大衆迎合や世論操作の感がある。

問題は、今後のこの国の、社会のあり方にかかわるものだ。いいかえれば、哲学の問題。

少子高齢化はどんどん進行していく。
その中で、どんな社会をめざすのか。
そこが問われている…と思うのだが。

そしてその中で、自分はどうするか。
いろいろ起業や独立のための本を読んでいるが、
「自ら実践しない限り、何も理解する事はできない」
(「はじめの一歩を踏み出そう」マイケル・E・バーガー)とは、まさに今の自分にあてはまること。
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

とりあえず、先週、登録申請を出してきました。

費用は…
入会金10万円、年会費(月割りで6月分)4万200円、登録手数料3万円、印紙代3万円で合計20万200円。
職印やバッヂ、政治連盟はとりあえずパス。

さて、開業準備はどうしたらいいのか?
いずれにせよ、自分自身も「あらたな一歩」を。



Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


コモディティか、スペシャリティか 

2009.09.14
Mon
18:27


「コモディティ」ではなく、「スペシャリティ」に

なりたいものです。

「コモディティ(汎用品)」は取り替え可能で、コストとして計算されるので、「安ければ安いほどよい」ということになる。
一方、その人でなければという「スペシャリティ」は、相手からは、かけがえのない、投資としての存在になる。
そしてそれを図る指標としてNPS(Net Promoters Score=推奨者の正味比率)…


今、読んでいる勝間和代の「断る力」から、そんな事を学んだ。

開業しようという今の状況から考えても、
先輩諸氏がたくさんいるなかで、価格でしか競争できない、としたら、…悲惨だ。
社労士としてやっていこうとする上で、自分らしさというか、自分でなければならない専門性、あるいは手法、スキル…。そうしたものがない限り「便利屋」にしかなれない。


だから
・「コモデティ」にならないために、「スペシャリティ」になる環境を選び抜かなければならない

では、その「専門性、あるいは手法、スキル」とは?自分の強みはどこにあるのか?

・自分で自分の軸を持つ事(「30代までに」、というのは、もう手遅れだが)
・自分のコーチは自分しかいない

そして、
・自分自身の強みに磨きをかえるために、時間を有効に使うべき
・だから、嫌われる事をおそれず、「断る」力が必要なのだ、
 と。


それも、よくわかる。
けれど、
悲しいかな「これだ!」と言えるほどの軸、自信あるものが、…見つからない…。
今のところは。

どうしたらいいんだろ?
でも多分、やりながら見つけていくしかない。
少し(かなり)遅いかもしれないが。

東京海上日動リスクコンサルティングの調査によると、この一年に会社を辞めたいと考えた事のある人は7割。その理由は「給料が安い=38.8%」「正当に評価されない=22.7%」「会社の将来性が不安=22.0%」「仕事の精神的負担が大きい=21.0%」「成長感、達成感がない=19.4%」。
そして、実際に転職に踏み切ったのは1割超。

多くの人が、悩んでいるのだろうか?
とりあえず、登録手続きの準備をはじめました。


Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


民主党政権と予算 

2009.09.12
Sat
07:26

民主党になって、予算がどうなるか。

補正予算の執行を停止、概算要求も見直し、と言っているので、混乱が生じている。
それによって、けっこう利害関係がでてくるようなので、各界とも戦々恐々としているようだ。

補正予算は、それを前提に進んでしまっているので、国民に不利益になるような措置はするべきではないし、出来ないだろう。政権交替をアピールすることが狙いかな。

来年度予算は、どうだろう?
子ども手当、高校授業料無料などは、我が家的にはうれしいが、高速道路無料化や後期高齢者医療制度の廃止などは、後々どんな影響が出てくるかわからないので、なんとも言えない。

9月中に、来年度予算編成の指針を示す、といったようだが、今後の行方をみまもりたい。

また、医療や年金、雇用と言った政策も、大きく変わる可能性がある。
今まで試験勉強してきた知識が変わってしまうと、また一から勉強し直さなければならないのは大変だな。(今年の受験生のみなさんは、発表まで長く不安な日々を送っているのでしょうね。ボクもそうでしたが)

ただ、
法改正は見方を変えれば大きなチャンス、でもある。

世の中が大きく変割りつつある今だから、やはり決断するのは今、だと思っています。
そのために、徐々にでも行動が必要、ですね。
わかっているのですが…。


Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。