02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


夜行バス 

2010.03.31
Wed
21:21

早くも、3月もおわり。
別れと、新しい旅立ちの季節ですね。
なんとなく、せつなさと期待がいりまじって、複雑な心境です。

最近、立て続けに東京を往復する機会があり、経費節減のため夜行バスを利用しています。
いままで知らなかったのですが大阪~東京間を、四千円で移動出来るバスもあるのですね。

安いのにびっくりしました。ただ、ためしに乗ってみた感想としては、いまいち、と言うところ。窮屈なうえ、よく揺れます。
全くねむれません。

すこしくらい寝なくても大丈夫,と言うつわもの向きですね。私はすぐに方針転換してしまいました。

それでも新幹線の半分程度で行けるのはありがたいです。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


農業分野の外国人研修 

2010.03.22
Mon
20:38

国際化には二つあります。
・日本から海外へ出ていこうとする国際化。
・外国から日本に入ってくる国際化。

いずれの場合も、外国や外国の人々に対する理解と認識、コミュニケーションが重要になってきますが、最近農業分野で、外国人研修・技能実習制度をめぐるトラブルが増えているそうです。

製造業など一般的な業種に比べ、勤務時間や休日が不明確なことが背景とされていますが、「安価な労働力」として受け入れようとする例もあるようで、今後も大きな問題になってくるのではないか、と危惧します。

法務省によると、09年は約8万人が研修生として来日。8年前の2.6倍です。
そして、外国人研修・技能実習制度を巡る不正は、360の企業団体で発生し、農業分野では6割の増加、だったとか。そして不正行為と認定されたのは、444件で、賃金支払いなど労働関係法違反が123件で、最多だった…。

外国人労働の問題は、人口減少がこれから顕著になる日本では避けて通れない問題になっていくと思われます。
第一次産業や介護・医療などの福祉分野では特に。

過疎地域でも、外国人理解のための努力がますます必要になってくるのでしょうが、農家と外国人の間をとりもつ機関(農協など)に、そのための専門部署が必要となってくるのではないでしょうか。
社労士にもそのあたりの対応力が求められることになっていくのでしょうね。


キタバ社労士事務所

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 労働


ワークルールチェッカー 

2010.03.21
Sun
07:10

あなたの職場の労働実態が、本来守られなければならないルールに従ったものになっているかどうか、手軽にしらべる方法があります。

連合(日本労働組合総連合会)が設置している「ワークルールチェッカー」というものです。

今日現在の全国の状況をみると、ほとんどの都道府県が「重大な法律違反があるかも」の状態。「ひとまず安心」は愛媛県だけですね。

奈良県の場合は、
* 「ひとまず安心」が23件(17%/全国21%)
* 「やや問題あり」が 8件(5.9%/全国7%)
* 「かなり問題あり」が 26件(19.3%/全国20.9%)
* 「重大な法律違反があるかも」 78件(57.8%/全国51.1%)

全国的に見ても、「重大な法律違反があるかも」 が57.8%というのは、なかりひどい状態ということができそうです。

こういうことが手軽に調べられるようになって、労使双方とも、いい職場環境づくりに努力することができたら、いいですね。
社労士も、そこで役割を果たさないと。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


ボランティア 

2010.03.18
Thu
06:46

毎年4月22日前後に「アースデー」のイベントがあります。全国各地で、いやおそらく世界各地でいろいろ行われているのだと思いますが、私も毎年、奈良県内で行われているイベントのお手伝いに参加しています。


今年の予定では4月18日。
・奈良市では、4月18日県文化会館前広場で「アースデイ奈良2010」が開催されますし、

・奈良県南部でも4月18日午前10時より、橿原文化会館前広場で「アースデイならsouth2010」が行われる予定となっています。

私はいつも家から近い「アースデイならsouth」の方に参加して設営や運営のお手伝いをさせていただいてますが、まったりのんびりしていて、いい感じです。
準備が遅れていますが、今年は、どんなことになるのかな?
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


宇陀市ふるさとハローワークの廃止 

2010.03.17
Wed
06:31

ふるさとハローワーク(地域職業相談室)は、公共職業安定所が設置されていない市町村において、職業相談・職業紹介等を行うため、国と市町村が共同で運営しているものですが、3月19日で奈良県宇陀市のふるさとハローワークが廃止されます。

利用者が少なく、効率が悪いということでしょうか?
まあ、それもわからないでもないですが、やはり過疎化がいっそう深刻化しているのかと寂しくなります。
電車の駅も近く、交通の便のよい榛原に持っていくとかいうことはできなかったのでしょうか?
宇陀市は近く市議会議員の選挙が行われます。合併して2度目の選挙ですが、過疎化対策や地域の持続的発展、ということが大きな課題でしょうね。



また、橿原市に設置されていた高年齢者職業相談室も同じく3月19日で廃止となります。
今後は近くのハローワークへ、ということで橿原からだと大和高田か桜井に行くことになるのでしょう。
市内の高齢者にとっては、遠くなって大変ですね。

いずれにしても、最近行政機関の「廃止」という文字がよく登場します。
替わりの積極策もないようだし、元気でませんね。


Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。