06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


介護事業所必見!職員処遇改善交付金申請のためのキャリアパスモデル 

2010.07.29
Thu
19:27

介護労働者の条件が悪いという批判から創設された「介護職員処遇改善交付金」というものがあります。

介護施設なら、使っているところも多いと思いますが、その介護処遇改善交付金申請にあたって、10月からは、施設毎のキャリアパス制度を策定し、管轄の各都道府県に申請をすることになっています。

とはいうものの、「どうすればいいの?」という事業所も多いはず。こうしたことを踏まえこのほど厚生労働省からキャリアパスモデルがしめされました。是非ご参考にしてください!

詳細はこちら


キタバ社労士事務所
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


奈良県一市一まちづくり 

2010.07.29
Thu
16:21

奈良県のHPを見ると、こんな記事がアップされていた。

一市一まちづくり

遷都1300年事業はなかなか盛況なようだけど、その後をどうするのか、というのが目下の奈良県行政の大きな課題。そこでこんな計画が出てきてのだろう。

目標は、「住民が元気でくらしやすく、賑わいのあるまちを、地域の特性を生かしてつくる」。
方針は
①地域の特徴然る資産を生かした、ストーリー性あるまちづくり
②成果が、地域の売りや誇りになるようなまちづくり
③県の積極的関与、市の主体的な参画、住民の理解と協力によるまちづくり

そして具体的には県内8つの地域で、「まちづくり委員会」などを組織して、それぞれ特徴を生かしたまちづくりを進める、と計画されている。

最近は、県の職員さんでも、NPOや商工関係の集まりにも積極的に顔を見せる方もいらっしゃるし、こういうプランを作るという県の心意気は自体は評価したいと思うのですが、…

ちょっと気になるのは、
誰がそのまちづくりの主体になるのか、ということ。



キタバ社労士事務所
-- 続きを読む --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


「生涯現役」が3割 

2010.07.24
Sat
06:54

急激な高齢社会の到来に対応するため、60歳代前半の雇用を確実にしつつ、65歳以上の就業環境を整備する必要性が高まっています。

高歴期の働き方について労働政策研究・研修機構による、55~69歳の男女5,000人を対象とした雇用・就業の実態調査によると、

生涯現役を希望する人は男女とも約3割に上ったほか、
引退希望者でも65歳以上まで働きたい割合は約6割、男性では約7割など、
60歳を超えても働く意欲を持っている人が多数であることがわかりました。

-- 続きを読む --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


高齢者医療の新制度案 

2010.07.19
Mon
07:41

参議院議員選挙から1週間。
民主党の敗北要因が、様々に言われている。一番有力なのは「消費税を唐突に持ち出したから」というものだが、
ボクはそうは思わない。

今回は、自民党をはじめ、多くの有力政党が「消費税アップ」と言っていたはず。
また、消費税に明確に反対していた社民党や共産党が伸びたのか、と言えば、そうではない。

結局、去年の衆議院選挙で民主が言っていたことが、十分に行われてこなかったことへのいらだちが最大の要因、だと思う。権力を握ってみたら、やっていることは自民党とおなじじゃないか、というわけだ。
自民党も自民党で、「民主のバラマキをやめさせる」とキャンペーンしていたが、そもそもそのバラマキをはじめたのは、自民党じゃないか。

自民もダメ、民主もダメ、ということで「みんな」がその批判の受け皿となったということ。
その「みんな」にしても、基調は去年民主党が言っていたこととあまりかわらない。

要するに、過渡期。長期的展望を示せる政党は、いまのところない、というのが結論だろう。
高齢化で、医療や介護、年金に必要な金がどんどん膨らむのははっきりしているのに、それをどうするかというところを誰もしめさないまま、財源としての消費税だけがとりざたされた。

そんな中、厚生労働省は後期高齢者医療制度に代わる、あたらしい制度の骨格を固めた、という報道があった。

記事


後期高齢者医療制度改革会議が23日に中間報告をまとめ、年末までに新制度の詳細案を作成して来年の通常国会に提出、というスケジュールだ。


キタバ社労士事務所
-- 続きを読む --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


公共事業のインターネット入札 

2010.07.16
Fri
09:26

談合の防止や事務の簡素化のため、土木建設分野でのインターネット入札が進んでいる。

奈良県でもすでにA、Bランクには導入済みで、今年度からはCランクにまで適用される、とのことで、昨日は近くでその説明会が開催された。
インターネット入札とは、「いったい、どんなものか?」と参加してみた。

形通りの挨拶のあと、県の担当者と、業務委託を受けている会社のインストラクターから、パワーポイントを使った説明があった。

感想を一言で言うと…

キタバ社労士事務所
-- 続きを読む --
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。