09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ポジティブアクション 

2011.10.27
Thu
19:50

大阪で、ポジティブアクションのセミナーがありました。



私が大学を卒業した1984~5年頃を思い出してみると、周りの男子学生にはいっぱい企業案内の郵便物が届いているのに、私と、女子学生にはほとんどきませんでした。

私は多分、名前のせいで女性と間違えられていたのだと思います^^;

つまり、女子学生には企業の門戸がきわめて狭かったということ。

男女雇用機会均等法ができたのが、1986年。その後、女性の社会参加はすすみ、今では共働き世帯の方が主流になっています。

けれども、いざ出産となったら、やっぱり退職せざるを得ないような空気が、特に奈良県などでは強い様にも思います。

今日のセミナーで紹介された企業では、トップに理解があり、ポジティブアクションや女性の登用は、初めは福利厚生的な要素が強かったけれど、

今や経営戦略、という発想で取り組んでいる、そして、会社全体として意識改革が進み、業績もアップしている、とのことでした。

今後は、女性だけではなく、多様な人材の活用、つまりダイバーシティマネジメントへとシフトしていくことになるのでしょう。

中小企業にとってはハードルが高い、ということもよく聞きますが、しっかりとマネージメントできれば、むしろトップの決断とリーダーシップで、大きな企業よりもやりやすい、という面もあります。

そういう部分を、しっかりナビゲートしていけるようになりたいものだと思いました。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ISO26000 

2011.10.26
Wed
07:26

全国社労士会の機関誌「月刊社労士」10月号に、ISO26000に関する記事が出ていました。

まだまだ認知度が低いこのトピックスですし、ごく簡単な紹介程度の記事ですが、月刊社労士がとりあげたこと自体はいいことだと思います。

9000や14000と違って、認証規格ではないので、どれだけ実効性があるのかと疑問視する向きも強いようですが、

強制される取り組みよりも、自主的にやる取り組みの方が、むしろ効果は大きいと思います。

問題は、今後どれくらい取り組むところがでてくるか、ですね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


タイムマネージメント 

2011.10.17
Mon
06:18

タイムマネージメントは、時間に対する意識を変えるところから。

自己実現のために目的意識を持って取り組み、スキマ時間を有効活用する。

ダラダラと長くやるより、メリハリをつけて、集中してやる…

ワークライフバランスや、ダイバーシティを当たり前にしていくためにも、時間管理のスキルが必要になってきますね。

まずは、自分がちゃんとしよう!

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


西岡たかし 

2011.10.14
Fri
23:19

昔聞いて、ずっと耳に残っていた西岡たかしさんの歌が、ユーチューブにアップされていました。
なつかし~。


「上野市(うえのまち)」
「まぼろしの翼と共に」
「ボクたち大阪のこどもやで~」

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ダイバーシティセミナー 

2011.10.07
Fri
22:06



昨日は堺市主催の「ダイバーシティ経営戦略セミナー」に参加しました。

講師はダイバーシティコンサルタントの北尾真理子さん。

HPでみたよりもずっと親しみやすい感じを受けました。

グループでご一緒させていただいた皆さんもすごく素敵な方ばかりで、企業で担当者として取り組んでいる中身など貴重な

お話をきかせていただくことができました。

また、パトカーの回転灯などを作っている株式会社パトライトの報告も、とっても面白かったです。


初めから大上段に構えて「ダイバーシティ」を導入するぞ、ということではなく、

従業員にとって働きやすい、あるいはいろんな人を生かすにはどうしたらいいか、と考えて取り組んでいたら、結果としてこう

なっていた、というお話。

「…しなければならない!」という取り組みは、いくら正しいものでも、なにか強制されている、というイメージになりますが、

「こうなったらいいね」という取り組みは、共感を呼んで広がっていく感じがします。






Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。