10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ワークライフバランス大賞 

2011.11.12
Sat
09:26



ワーク・ライフ・バランス推進会議(事務局・日本生産性本部)は9日、第5回ワーク・ライフ・バランス大賞の受賞者を発表しました。

大賞には、日本アイ・ビー・エム株式会社、
優秀賞には、社会福祉法人愛誠会、花王株式会社、株式会社資生堂、社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生
会病院、三菱化学株式会社、
奨励賞には株式会社エス・アイを選定。

表彰式は、22日に都内で行われる「ワーク・ライフ・バランス・コンファレンス」で行われます。


  第5回WLB大賞

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


企業が人材をいかして利益率をたかめるには… 

2011.11.01
Tue
07:24

女性の社会進出は随分増えてきたが、それでも第1子出産後に退職する女性が、なお6割もいる。
国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」(2011年)
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou14/doukou14.asp


一方、少し古いが経済産業省の「男女共同参画研究会」の、「女性の活躍と企業業績」(平成15年)において女性比率と利益率などの関係についての分析を見ると、女性比率が高い企業において利益率も高い関係がみられるとしている。
ただし、女性比率の高さは利益率が高いことの「見かけ上の要因」であり、「真の要因」は「女性が活躍できる企業風土を持っている」ことだと指摘している。

たしかに、そうだろう。企業や、男性を含めた周りの環境が変わらなければ。
形だけまねて、見かけをよくしても、中身が伴わなければ、かえってうまくいかない。
他の人権問題でも同じことですが。


ワークライフバランスと多様性の問題をぬきに、これからの日本の社会は語れない、と思うのです。

Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。