09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 年金


国民年金の納付率 

2009.04.27
Mon
17:47

今日の日経新聞によると、08年度の国民年金の納付率は約62パーセントで、これまでの最低(62.8%、02年度)を下回った模様。

社会保険庁が年金記録漏れの対応に追われ保険料収納の方に手が回らなかったことや、雇用情勢が悪化したこと、そして制度への不信感から意図的に払わなかった人も増えた、という。
リストラされ厚生年金から国民年金に切り替わった人が、仕事さえままならない状態で生活費を確保するため年金は滞納、となるのは当然の流れだろう。

でも、このまま「滞納が当然」という風潮がひろがると「国民皆年金」を掲げてきた制度自体が崩壊しかねない。


国民年金は、基本的にはいい制度だと思う。

舛添厚生労働大臣はあまり好きではないが、社会保険庁のそれぞれの職員も、がんばっていると思う(来年の1月には「日本年金機構」になる)。

生活に困って滞納するのは仕方ないとしても、払えるのに、誰かのせいにして払わない、というのはよくない、と思う。滞納者は将来、生活保護にいくことになるのだろうが、「滞納しておいて、税金で暮らすなんてとんでもない」という主張も出てくるだろう。そうすると生活保護制度自体にも影響することになりそうだ。
本当に困っている人は、どうなる?

国民年金は、この社会を持続させていくための仕組みとして、みんなで守っていかなければ。この制度がいやなら社会保険方式から税方式へ、その財源には消費税、ということしかないではないか。税方式にするというなら、まあ、それでもいいとは思うが、でも選挙が近いからか、あまりそうした主張をする人はいない。

あれもいや、これもいや。
自分だけよければ…。
それって、ずるくない?

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/122-5db0bd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。