03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 労働


来春の新卒者 内々定は2割 

2009.04.30
Thu
17:30

来春卒業予定の学生の就職活動は、うまくいっていないようだ。内々定を獲得した人はまだ2割。4人に1人は「内定を得る見通しがたっていない」ということらしい(4/30日経)。

内々定をもらった学生は18.7パーセント。近いうちにもらえる見通し」(2.2%)を加えても20%ちょっとだ。「見通しが立っていない」(19.6%)だけでなくすでに「来春の就職をあきらめようと思っている」人もかなりいる(8.0%)。

不景気だ、非正規雇用が大変だ、正社員もリストラだ、と悲観的な情報が広がっているので、学生もあきらめモードのようだ。「公務員や資格試験をめざしている」人も20.2%いる。不景気に強い公務員で「固くいきたい」ということだろうか。

ボクらの頃(25年前)はまだ、「明日は今日よりもよくなる」ということが信じられていた。「明日があるさ」と楽観的でいられた。
しかし今、学生たちはどんな夢を描いているのだろう。どんな夢を持ちうるのだろう。

時代、といってしまえば一言で終わるのかもしれない。

だけど、こんな時代だからこそ、若者たちとは夢や希望を語りたい。勇気を持って前に進め、と激励したい。励ましながら、失敗したときのセーフティネットやフォローを準備するのが大人世代の役割だと思う。
        
考えてみたら、25年前は、若者たちに熱く語り、鼓舞してくれた大人がいた。
今は、ボクらがそんな役割を果たすべきではないか。
そんなことを思いながらも、自分の子どもとすら十分に向き合えていないのだが…。

キーワードは「夢を、熱く語ること」、かな。






スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/123-4e2c0181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。