07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


世代間対立 

2009.05.08
Fri
23:29


「少子高齢化社会では、社会の関心が高齢者の方に向かい、若者が割を食う」という説がある。
プレストン効果というらしい。
アメリカの人口学者、サムエル・プレストンが1980年代に唱えたことに由来する。

「日本では高齢者に対する所得の再配分が多く、若者には少ない」
「恵まれない若者が、恵まれた高齢者を支えている」
「政治家も、数が多くて票になる中高年の声を重視する。投票に行かない若者の声は政治に反映されない」…
今日の日経新聞からの引用だが、年金や医療など社会保障をめぐって、確実に世代間の対立がおきている。

高齢者は既得権を守ろうとし、若者は負担を拒否する。
マスコミは、対立をどんどんあおる。
政治家は、自分の票のことだけしか考えていないから、その場その場でつごうのいい事しか言わない。
そして矛盾は、激化し、拡大するばかり。

こんなことでよくなるわけがない。

若者に希望を与えられない社会に、未来はない。
若者には、奨学金や職業訓練を充実して、投資すべきだ。
若者自身も声を上げるべきだし、選挙に立候補すればいい。
そして投票に行って「若者に光を」と意思表示するべきだ。

座して見ているだけでは何も変わらない。

がんばれ、若者たち。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/128-aa6e4340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。