10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 主張


労働保健年度更新 

2009.05.27
Wed
22:42

ちょっとした知り合いのいる、ある労働保険事務組合の年度更新事務を見学させてもらいました。

今年から年度更新は7月10日までということになったのでまだ余裕があるようで、来たのは全部で10人ほどでしたが、不景気の中、中小企業のみなさんはいろいろ苦労されているようです。

各事業主が持ってきた給料計算の資料をもとに、パソコンで計算していきます。
労災は当然ですが、雇用保険も従業員に負担させるのはしのびない、と全額事業主が負担しているケースもあるようです。雇用保険率がさがっているので、保険料が少し安くなるのがせめてもの救いですが。

作業自体はそうむずかしくないようですが、具体的な相談事例は興味深いものでした。

たとえば…
市営住宅に住んでいる従業員が、「そのまま、源泉徴収票に書くと所得オーバーになって住宅を出なければいけないので、少なく書いてほしい」とか、家を買う人からは、「住宅ローンを借りるために、実際より多く書いてほしい」とか、いろいろ言われるのだそうだ。事業主としては、従業員の希望をかなえてやりたい、という気になるのは当たり前なのだろうが…。

「こんなとき、どうしたらいいんですかね?」と問われたら、ボクだったら、どう答えるだろう?
そこの担当者は、「気持ちはわかりますが、万一何かあったとき、責任をとわれることになりますよ」と返していました。なるほど。


また、「労働基準監督署を名乗る人から電話があり、『事業主も労災に入れるんですよ。特別加入してますか?』と問い合わせがあった」という報告も。「事務組合に入っているので、そこで相談する」というと、「どこの事務組合ですか?」としつこく聞かれたそうです。何か様子が変だった、というので労働基準監督署に電話してみましたが、「ウチでは今のところそういう勧誘はやっていない」との返事。
「では、あの電話は何だったの?」
「もしかして、新手の詐欺か?」
「でも、どういう手口なの?」

という会話がされていました。

それぞれの会社員の給料がわかってしまう以上、プライバシーへの配慮は当然です。

まずは、事業主の信頼を勝ち得ることが大事ですね。

スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
相互リンクお願い
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/administrative-scrivener/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/administrative-scrivener/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
PUyKs3CS
【2009/05/28 00:17】URL | sirube #mtsVTvCA *編集*
こちらこそよろしくお願いします
了解しました。
あまり内容のないブログで恐縮ですが、
こちらこそよろしくお願いします。
【2009/05/28 12:32】URL | okuuda #- *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/138-a4de828b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。