07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


環境の日 

2009.06.05
Fri
21:49

6月5日は環境の日。
1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもので、国連では、6月5日を「世界環境デー」と定め、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。

いろんなイベントもあちこちで行われているようです。
エコライフフェア

新聞広告でも、各企業が競って「エコ」をアピールしています。
「エコカー」、「エコアイデア」、「エコポイント」。「この星の…」「co2を○○トン削減」等々
ある種「エコ・バブル」とでもいうような現象が起こっているように見えるのは、ボクだけ?


これだけ「エコ」を大合唱されると、「ホントにそう思ってるの?」と疑いたくなる。
だって、人々の意識改革やライフスタイル改善を提案するような呼びかけがほとんどないんだもん。

なんでもかんでも、「エコ」とつけて企業イメージ、商品イメージをアップさせ、利益につなげようというコンタンではないか?と疑心暗鬼になってしまう。

「わが社の取り組みはすばらしい」
「いや、わが社こそ」
「だから、ウチの商品を買って」
「エコポイントもつくよ」
「定額給付金もあるし」
「休日、新しい車で1000円高速をぶっ飛ばそうよ」…
ってな具合。

さらによく見てみると
「環境経営」とか「環境ビジネス」の「サポート」をうたい文句にする機関や企業も…。

やっぱり本音はそこか!
「こんなふうに宣伝すれば売れるぞ」って。

政府もマスコミも一体になって、「環境」と「エコ」の大合唱だ。
一般論として正しいから、と安易に信じていると、とんでもないことになりそうな気がする。

もちろん、環境問題への取り組みは必要だが、それにはみんなもうちょっと冷静になって、自分のライフスタイルを改善するところからはじめるべきだ、と思う。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/144-5f56c146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。