08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 主張


社労士開業塾・続編 

2009.06.30
Tue
07:51


きっと、このような開業塾を求めている人は多いのだと思う。
参加者の中には、はるばる愛媛からやってきた人も。

古い社労士さんは自分の顧問先を守ろう、という意識が働くので、新人を育てようということにはならないようだ。
開業間もない人は、会社回りをしただけで顧問先の社労士さんにおこられたそうだ。
「うちのシマで、なにやってくれる」ってな具合。まるでヤクザ?

親しい先輩社労士について学ぶ事ができればいいのだろうが、それぞれそれほど余裕があるわけではないし…。社労士受験時代、通学で準備してきた人たちはそのネットワーク等で人脈はできてくるのだろうが、独学でやってきた身としてはそれもない。
しかも地方ということになれば、もう何から初めてよいやら、さっぱりわからないのだ。

行政書士、税理士、弁護士、司法書士等、他士業の人たちとのネットワークも大事だと思うのだが、むしろ社労士の分野は他士業からドンンドン侵入されているということで、あまりお人好しでもいけないようだ。

事業所全体の中で、社労士が関与しているのは36%くらい、とのことで、税理士なんかにくらべるとまだまだ市場はある。連合会はこれを5割程度にはもっていきたいということらしい。
ただし、実際に営業に回っても、「社労士」自体の認知度はまだまだ高くはなく、「保険屋さん?間に合ってるよ」とか、「え?それなんですか」と聞き返されることも多いとか。

「社会保険労務士」って、確かに長ったらしくて覚えにくいし、言いにくい。まるで早口言葉だよな。
仕事の中身も「弁護士」とか「税理士」みたいにスパっと業務の内容がわかるというものでもない。

扱える業務分野は、労働分野はもちろん年金、医療、介護等いまが旬の業務なのだが、それと「社労士」が、世間ではまだ直接つながっていない。
むしろファイナンシャルプランナーとか年金アドバイザーの方が認知されているのではないか?

「自分は何がしたくて、社労士をはじめようとしているのだろう?」
そのことを明確にしておくことが何より大事。
そうでないと、つまずいた時に立ち直れない。

事務所は自宅でも合同でもよいが、
「解雇などのケースで、恨みを買うこともあるので要注意」。
そんなことを聞くと、「怖いな〜」とも思う。
「でも本当は、そこまでいかないようにうまくコントロールするのが仕事なんだ」。

経営者側と労働側の橋渡し。
はたしてボクは、うまくできるのだろうか?
でもそれは、「やってみないとわからない」のだ。

すべては
試行と検証の繰り返し。






スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/160-5d175093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。