07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: NPO


民事裁判通告書 

2009.07.02
Thu
22:55

まさか、自分自身がこんな詐欺はがきをもらうとは思っても見なかった。

「民事裁判通告書」なるハガキで、次のような事が書かれています。
・民事訴訟裁判開始の通告です(わけのわからない団体から、ハガキで来るはずないでしょ)
・契約不履行につき原告側が提出した起訴状を指定裁判所が受理した(どんな内容で、どこの裁判所なん?)
・裁判取り下げ期日を過ぎますと、指定裁判所から出廷命令通知が届きますので、記載期日に出廷しなければならない(ホントに出廷命令がきたら行ってやるよ)
・出廷拒否すると民法(民事訴訟法)に基づき原告側の全面勝訴となり裁判終了後には、財産調査を経て動産物・不動産物の差し押さえ及び給与、金融機関口座の凍結を裁判所執行官のもと強制的に執行する(原告は誰?金額はいくら?)
・書面通達となりますので個人情報保護のため詳細は当局までご連絡ください。ご連絡なき方には、勤務先等へ郵送する場合もございますのでご承知ください(職場に知られたらマズいという人には効果的?でも、どうやって職場を調べるの?)
・取り下げ期日=7月2日(つまり、今日。あわてて電話をかけさせる作戦だ)
・差し出し人=日本管理事務局

ネットで調べてみると、全く同じような文面で、「東京管理事務局」などよく似た団体名でかなりの事例がヒットした。

警察と県の生活相談センターに連絡し、この事例を報告した。
ちなみに、書かれている番号に電話するとどうなるか、も聞いてみた。
県の生活相談センターによると、「弁護士を紹介する」などと言って「着手金」を振り込むよう要求する、とのこと。

また警察には「すぐにここに電話してくれたら、詐欺の犯人逮捕につながるのではありませんか?被害が広がってはいけないので。」と言っておいたが、はたして動いてくれるんでしょうか?
ネットでこれだけ同じような事例が団体名や電話番号を変えて報告されているということは、犯人はつかまっていないんでしょうね。警察は真剣に動いてくれないのかな?

それと、「どうやって住所氏名を調べたのだろうか?」と聞いたが、警察も生活相談センターも「それはわからない。名簿業者があるようだ」と言うだけだ。
「じゃあ、またこういうのがくる?」
「可能性はあります。ご家族にも徹底を」と言われた。

こういうケースは明らかに詐欺だから、みなさんも、こんなハガキが来てもひっかからないように注意してください。
それにしても、気持ちが悪いのは自分の知らないところで、住所や電話番号がストックされている、という事実だ。どこから漏洩したんだ?


PS.今日は、今年になって初めて蝉(ニイニイゼミ)の鳴き声を聞きました。いよいよ夏ですね〜。




スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/162-a9ce5e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。