07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 面白いもん、見ーっけ☆  * janre: 日記


* category: 地域


シングルの時代 

2005.11.19
Sat
10:19

「シングルの時代だ」、という。
伊田広行「シングル化する日本」を読んだ。なかなか面白い、と思った。山田昌弘氏の「パラサイトシングル」も、うまく今の状況を捉えていると思ったが、伊田氏は若者の問題だけでなく、さらに突っ込んで総合的にこれからの展望を示しているように思う。

山田昌弘

伊田広行
自殺者が3万人を超える状況が何年も続いているような異常な状況、DVや虐待。少子高齢化、子どもや青年たちをめぐる様々な現象等々。さまざまな矛盾が吹き荒れる中で、今までの発想や社会システムでは対処できないところにきていることを認識すべきだ。
伊田氏が指摘するように、もはや「家族」というのは社会の最小単位ではない。結婚するのもしないのも、子どもを産むのも産まないのも、それぞれの自由。そもそも「個人の尊厳」は憲法の原則だ。「家族」の形態は多種多様で、個人を基本に考えるべきだ。「シングル」(=自立した個人)が豊かな関係を築き上げる社会、という方向で考えれば、みんながもっと生きやすい社会になりそうだ。解決の筋道が見えてくるようにも思う。
基本的には賛成だ。しかし、…。ことはそう簡単には運ばないだろう。「弱肉強食」がまかりとおっている政治状況のなかで、また、まだまだ旧式の発想が強い中で、相当な困難があるだろう。「そうはいっても、介護はどうする?」「子どもは母親がしっかりそだてるべき」「遺産相続はどうする?」等々。
それでも、この社会を現実的にをかえていこうとするなら、伊田氏のいうような「自立した個人」の豊かな関係の上に成り立つ社会を展望したい。NPOやボランティアの進む方向でもあると思う。
先日の「男女共同参画意見交換」の前に読むべきだった。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(1) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/11/20 18:56】 | # *編集*
そうですね
たまに拝見しています。継続して更新凄いですね。私も努力しないと・・・。もう寒くなってきたので体に気をつけて下さい。また覗きに来ます。
【2008/11/11 17:00】URL | 明雄 #- *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/17-7ba03d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シングル化する日本 / 伊田広行

シングル化する日本近頃の晩婚化、少子化などなどをいろんな方面から書かれている。個人的には社会制度自体の単位を家族から個人に移していく点には賛成。変にぶら下がったりしがらみなどがない状態で、色々やっていかないとダメなんじゃないかな?と思ったりします.... マンボな毎日【2006/01/03 11:00】

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。