04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


貧困の実態調査 

2009.07.17
Fri
16:52

厚生労働省は、2010年度に貧困に関する実態調査に乗り出す、という。

貧困の実態を調査へ

調査自体は必要なことだとおもう。
民主党が政権をとるにしても、自民党が踏ん張るにしても。

だけど、問題はその後の政策をどうするのか、ということだろう。
展望はあるのか?

若者や障害者等の雇用対策、年金医療等の社会保障…。
選挙がらみもあって、いろんな人がいろんなことを言っているが、所詮はみんな
選挙向けのパフォーマンス。

人気を取ろうとして、主張はどんどんエスカレートする。
「消費税はあげない」どころか「撤廃する」という政党まで出てきた。
おまけに「核とミサイルから日本を守る」と。
テレビコマーシャルを見たときは思わず「マジかよ」とつぶやいた。


先日、
「ルポ 労働と戦争?この国のいまと未来 (岩波新書)」
などの著書がある島本慈子さんのお話を聞く機会があった。

島本さんによると、新自由主義を進めたい勢力は今日の状況を「派遣切りの問題ではなく、労働者を自由に解雇できない今の仕組みの問題」だから「労働者を自由に解雇できるようにせよ」と主張しているようだ。それが世界経済の中で日本が勝ち抜いていくために必要なことなのだ、という趣旨で。

そして「雇用問題は、自衛隊が最大の雇用主になって、貧困な若者たちをそこへいかせたら一気に解決するじゃないか」と、冗談ではなく、本当にそういう発想も広がっているようだ。

一歩まちがえたら恐ろしい世界になってしまう。
島本さんも、それを危惧して
「正規,非正規を問わず、労働者を大切にする社会にならないといけない」と話された。
「確かに」とうなずく。
(話の内容はボクなりの受け止めなので、解釈が間違っていたらゴメンナサイ)

今度の選挙では、そういう社会への方向付けができるのかどうか、がキーポイントだと思う。

でも、肝心の組合は、やっぱり正社員重視なのだとか。

労組の組織拡大 正社員重視続く

これは、どう考えたらよいのだろう。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/172-93e0f06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。