03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


スピリチュアル・シングル宣言 

2009.07.25
Sat
09:33

伊田広行著「スピリチュアル・シングル宣言ー生き方と社会運動の新しい原理を求めて」を読んだ。

スピリチュアル・シングル宣言

「スピリチュアル」と言うと、何かいかがわしい雰囲気も漂うが、伊田氏の言っているのは、そうじゃない。もっと根本的な、人(個人)とそれを取り巻く環境との「つながり」ということだろう。そして「シングル」は言い換えると「自立」。


「私の生き方はこれでよかったのだろうか。これからどう生きていけばいいのか。その指針を持ちたい」と最後の方で吐露しているように、これは伊田氏自身の(そして同時代を生きてきた者たちの)総括と今後への指針でもある。まるで、ボク自身の悩みを見透かしているようだ。

60年代、70年代の社会運動や学生運動は、なぜ挫折したのか。新自由主義に対して、有効な対抗軸を提起できていないのはなぜか。若者の雇用問題をここまで深刻化させてしまった既存政党や社会運動の責任…。

ただ、
「スピリチュアル」という概念は、やはりまだわかりにくい。
日本では、いかがわしい「霊能力者」という感じだし、著者が紹介している様に、かつてWHO(世界保健機関)の宣言にも盛り込まれようとしたことがあるが、全体の理解を得られずに保留になったそうだ。

たしかにそういうものだあるように思えるが、実体がない。だから説明しにくい。
単に「こころ」といったり「精神」といったりするものとどうちがうのか明確でない。

「シングル」は、「個」として「自立」すること。この部分の指摘はそのとおりだと思う。
次の衆議院議員選挙でも、その視点で争点になりそうな事柄はいっぱいある。
現実的な政策のレベルにまで具体化できるかどうか、だろう。

全体をとおして、自分自身の生き方としても、様々な重要な示唆を得られたように思う。

問題は、これから

いかに行動するか、だ。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/175-4c63421e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。