08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 労働


働くということ 

2009.07.28
Tue
06:02



政権交替だ、景気だ、生活だ、…
いろんな事が言われているが、次の総選挙では、労働法制の問題も焦点になりそうだ。

労働者派遣法によって非正規雇用が急速にひろがり、今や雇用者全体の3割を占める。
終身雇用という日本型の雇用スタイルはすっかり過去のものとなった。
それに伴い、低賃金ではたらく若者達の不安定な状況がクローズアップされ、去年の秋以降の景気の悪化とともに、企業の調節弁として利用される実態が明らかになった。

解散で廃案になったが、労働者派遣法を改正して非正規雇用に歯止めをかけようとする動きがある。
製造業への派遣を禁止する事等が内容だ。
企業の側も、派遣労働だけでは製品の品質の面や技術の継承と言う点で問題があるので、派遣を見直す動きもひろがっている、という。

他にも、少子化対策やワークライフバランスの問題とリンクする女性(男性も)の働き方の問題や、障害者雇用の問題、外国人労働の問題もある。
さらには助成金や職業訓練等に関しても、もっといろいろと出てくるのだろう。

いずれも、社労士の守備範囲。
いろいろ情報を得て、経営者、労働者双方に具体的なアドバイスができるような中身が求められる。

大変だけど、チャンス、でもある。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/177-717b09fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。