09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


育児介護休業の相談 

2009.07.31
Fri
06:16

 厚生労働省 の発表(7月28日)によると、2008年度の育児・介護休業法の施行状況についての相談をみると、
都道府県労働局雇用均等室への相談=5万1,207件
うち 「育児」=3万8,220件
      「介護」=1万2,849件

一方、雇用均等室による是正指導件数は4万3,049件
   指導内容としては「育児」=2万2634件、「介護」=2万2748件
どちらも「休業制度」に関するものが最多だった。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/ryouritu/h20sj.html

「制度に関する事案」は、事業主側から、
「労働者の権利に関する事案」は、労働者側から、持ち込まれているケースが多い、ということだが

この数字だけでは、比較するものがないので、わかりにくい。
・制度は定着してきている、といえるのか?
・育児の方が相談が多いのはどうしてか?

等々、もっと検討の余地がありそうだ


また、内閣府男女共同参画局は男女の能力発揮とライフプランに関するアンケート調査の結果を発表した。
http://www.gender.go.jp/research/noryoku_lifeplan/index.html

それによると生活面に関する意識では「女性が職業を持ち、収入を得ることは重要だ」と思う人は、男性68.1%、女性75.4%。
理想とする女性のライフコースについては、
・「結婚や出産を機に仕事をやめ、子どもが大きくなったら再び職業を持つ」(男性41.2%、女性45.7%)
・「職業を持ち続ける」(男性34.2%、女性39.0%)

となっている。

かなり差は縮まってきているものの、M字型雇用は意識の面でも裏付けられるということだろう。

問題は、これらから、どんな政策、施策を打ち出すのか…。
占拠向けのマニフェストでは、どこも大衆うけするようなことを書いているが、はたして実現するのか?





スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/178-7454ce09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。