05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


性同一性障害 

2009.08.01
Sat
08:51

7月31日、奈良県橿原市の県立橿原文化会館で行われた講演会で、性同一性障害の当事者を宣言して東京・世田谷区議会議員をしておられる上川あやさんのお話を聞く機会がありました。

上川あや

自分にはなかなか理解しがたいことで、「ごくまれに、そんな人もいるんだ」というぐらいの認識でしたが、実際当事者の方のお話を聞いて、少し理解が深まった様に思います。

ゲイとかレズとか、興味本位で見るのではなく、性的少数者の問題を多様性のひとつとして受け入れられる社会がもとめられるているのだ、ということでしょう。


医学的な問題、社会的な問題等、多面的なアプローチが必要なのだと思いますが、たいていの場合、当事者は誰にも相談できずに、自分の事を「おかしい」とおもっている。自殺を考え、実際に自殺未遂を起こす人もたくさんいる、とか。

たとえば自分の身近なところでそういう人がいたら、どんな風に声をかけられるだろう?
自分自身が受け入れられるだろうか?

2007年度末までの全国の主要専門医療機関受診者総数は7177名だそうだ。
これを多いとみるか、少ないと見るか?
でも多分、数字の問題ではない。

目の前に現実があり、悩んでいる人がいる、としたら…。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/179-4f7b1a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。