06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


親を通してみる高齢化問題 

2009.08.30
Sun
21:08

入院していた父親が退院したので、実家に様子を見に行った。
夜もよく眠れるようになり、痛みもないので、まずまず「体調はいい」と本人はいうのだが、
母親の方は、「すぐにふらつくし、車の運転等、やっぱり心配」だ、という。
薬の影響もあるのか?

入院時の費用で、生命保険がおりるかもしれないから、といっしょに証書を探したが、見つからない。
「入っている、と思うんだけど…」と本人。
「見つからなかったら、もういいやないか」というのだが、そうしたあたりも母親には気に入らない。
「日頃からちゃんとしてないから」と父親を攻めるのだ。

「まあまあ」となだめに入って、明日にでもJAに問い合わせてみたら、ということになった。

今までは何も考えてなかった事だが、その他の預貯金のことなども、今のうちに整理しておいた方がいいのかもしれないな、という気がしてきた。
わずかな預貯金の配分等も、まだ正気なうちに、本人が意思表示しておく方がいいのだと思う。
ボク自身も、その際には行政書士やFP資格を身内の生活に役立てる、ということもできるかもしれない。

ただ、兄と弟、それにそれぞれのカミさんからは、「何勝手な事してんの?」といわれて、痛くもない腹をさぐられるのも辛い。
兄弟だけならべつに何でもない事で済むのだろうが、ウチのカミさんからも、「誤解をうけるようなことはやめた方がいい」と釘をさされた。「兄さんところがやるべきこと」だと。

こういう風にして、兄弟の仲がこじれていくのかな、とちょっと寂しくなった。
そして、身内で老後の財産管理をすることの難しさを、あらためて認識した。


今後のことで、特に心配なのが車の運転。
どうも左が思う様に動かないみたいで、クラッチを使うトラックは、もう運転させないほうがいい、というのが周囲の見方なのだ。
「単独事故なら、悪いのは自分なのでまだあきらめもつくが、人身事故になったりしたら大変だ」と説得。しかし、自分にできないことが増えて行くというのは、どうも辛いみたいで、なかなか「うん」と言わない。田舎の事なので、車がないと生活は本当に不便だ、というのもわかる。
まあ、とりあえず気をつけてね、と念をおすのが精一杯だった。

介護保険の認定も申請してみたら、と言おうとも思っていたのだが、それも言いそびれてしまった。

自分で体験してみて、はじめて実感する高齢者問題。
大変な状況をかかえている人たちから見れば、とるに足りない小さなトラブル、かもしれない。
だけど確実に、親の高齢者問題が深刻化している。
そしてそれは、自分自身にとっても無視できない影響を及ぼしている。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/200-232c34d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。