09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


専門職を紹介して、とたのまれた 

2009.09.05
Sat
08:06

ちょっとした知人から、「弁護士を紹介してほしい」
と頼まれた。

依頼者はさらにその友人、らしい。
どんな事件か詳しくわからないし、どんな人なのかもわからない。
正直、ちょっとかんべんしてほしい、という気持ちが強いのだが、なんだか行政書士や社労士資格をとった事を知った友人などから、このところそうした話がけっこうもちこまれる。

友人という気安さもあってのことだろうが(向こうが思っているほどには親しくないのだが…)、どうもタダで使える「便利屋」というようなことにされてしまっているようだ。

う〜ん。この状態は、ちょっとつらい。
手続きや制度の事を調べたりするくらいなら、自分のスキルアップにもなるのでよいのだが、
「他の専門職を紹介して」というのは、困りものだ。

数は少ないが、知っている弁護士もないわけではない。けれどその依頼者と紹介した弁護士がもしトラブったり、気まずいことになると、「なんという人を紹介してくるのだ?」と、紹介したボクの立場も悪くなる。リスクを負うのはボク、ということなのだ。もしそんなことになったら、二度とその弁護士にクライアントの紹介〜被紹介という関係はなくなる。
そんなことを考慮してくれているのだろうか?

多分、「紹介してほしい」=「安くして」ということでもある。
相場を知らない人から後で、「高い弁護士を紹介された」等とも言われかねない。

とりあえず、自治体や様々な機関でやっている無料の法律相談を利用するようすすめたが、
「では、その段取りをつけて」という。
しかも、「友人はパニックになっているようなので、なるべく早く」と。

やれやれ。
勝手な事を言うものだ。
やっかいな知人をもったボクが悪いのか。

そう思いながらも、「いや」とは言えない自分がいる。
こんな時には、どう対処したらいいのやら。
うまい方法があったら、教えてほしい。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/205-433c7615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。