07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ライフスタイル


コモディティか、スペシャリティか 

2009.09.14
Mon
18:27


「コモディティ」ではなく、「スペシャリティ」に

なりたいものです。

「コモディティ(汎用品)」は取り替え可能で、コストとして計算されるので、「安ければ安いほどよい」ということになる。
一方、その人でなければという「スペシャリティ」は、相手からは、かけがえのない、投資としての存在になる。
そしてそれを図る指標としてNPS(Net Promoters Score=推奨者の正味比率)…


今、読んでいる勝間和代の「断る力」から、そんな事を学んだ。

開業しようという今の状況から考えても、
先輩諸氏がたくさんいるなかで、価格でしか競争できない、としたら、…悲惨だ。
社労士としてやっていこうとする上で、自分らしさというか、自分でなければならない専門性、あるいは手法、スキル…。そうしたものがない限り「便利屋」にしかなれない。


だから
・「コモデティ」にならないために、「スペシャリティ」になる環境を選び抜かなければならない

では、その「専門性、あるいは手法、スキル」とは?自分の強みはどこにあるのか?

・自分で自分の軸を持つ事(「30代までに」、というのは、もう手遅れだが)
・自分のコーチは自分しかいない

そして、
・自分自身の強みに磨きをかえるために、時間を有効に使うべき
・だから、嫌われる事をおそれず、「断る」力が必要なのだ、
 と。


それも、よくわかる。
けれど、
悲しいかな「これだ!」と言えるほどの軸、自信あるものが、…見つからない…。
今のところは。

どうしたらいいんだろ?
でも多分、やりながら見つけていくしかない。
少し(かなり)遅いかもしれないが。

東京海上日動リスクコンサルティングの調査によると、この一年に会社を辞めたいと考えた事のある人は7割。その理由は「給料が安い=38.8%」「正当に評価されない=22.7%」「会社の将来性が不安=22.0%」「仕事の精神的負担が大きい=21.0%」「成長感、達成感がない=19.4%」。
そして、実際に転職に踏み切ったのは1割超。

多くの人が、悩んでいるのだろうか?
とりあえず、登録手続きの準備をはじめました。


スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/210-679ed056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。