09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ビジネス


学習会二つ 

2009.10.11
Sun
07:27

昨日は二つの学習会に参加してきました。

一つは、大阪で仲間に入れてもらっている学習会で、テーマは労基法改正と、「問題社員への対処法」。もうひとつは、かかわっているNPO主催のCSRの学習会。

労基法改正については、こちら

今回の改正は要するに、週60時間を超えるような働き方をしている実態が多い、ということに対し、労働者の健康の保持やワークライフバランスの観点から、長時間老銅を抑制することが目的。
具体的には
・月間残業時間が60時間を越えた部分に対する賃金割り増し率が50%に
・割増賃金の代わりに有給休暇を与えることで代用も可
・中小企業には当分の間猶予
というものです。

割増率50%というと「えー」っという感じですが,対象となる(中小)企業がどれぐらいあるのか、というと、いわゆる「特別条項付労使協定」を結んでいるところはそんなに多くはないので,さほど影響はないのではないか、ということでした(滅茶苦茶簡単にまとめていますが)。
また制度の矛盾として,時間外労働より休日労働のほうが割増率が低くなるので、今後、そうした面でのトラブルもでてくるかもしれない、ということも指摘されました。

就業規則をそれに対応させないといけない事業所も多々あるのでしょうが、目的は長時間労働をなくしていこうということなのですから、その趣旨を徹底すべきなのだと思います。
私的には、中身はもとより、実務で活躍されている方々から貴重なお話を聞く事が出来たこと、自分の知識も日々更新していかないといけないことを自覚したの有意義でした。
後のビール会がとても気になりましたが、次の予定があったので,中座(失礼しました)。


CSRの学習会では、奈良県内で取り組もうとしている団体や企業の有志が集まってワークショップ。
これから3回シリーズでやっていくことになりますが、ここでもいい出合いをさせていただきました。

ISOやESD(持続可能な開発)などとも関係するし、様々な捉え方があっていいとおもいます。ただ、CSRと言っても、市民が企業の責任を追及する、という発想では、企業も受け入れられないし、それぞれの市民に責任はないのか?、ということになります。
県内の多くの市町村で過疎と高齢化が深刻化し、これから先の社会がどうなるのか、という心配が高まっています。私の見る限りでは、行政とか一部の市民とか、誰かに責任をおしつけて自分を免罪し、結局閉塞感につつまれている、という感じです。
みんなで協力して、どうよくしていくか、と考え行動するべきなのだろうと思いますが…。
奈良市長にはNPO出身の仲川さんが就任したし,奈良独自のCSRの発信につながったらいいな、という気がしています。

個人的には、なんだか焦る事ばかり多くて、これでいいのかな?と振り返る時間もないような感じですが、とにかくいろいろやってみて、ダメだったらまた考えよう、と思っています。
いいかげん、といわれそうですが、明確な展望なんてとても描けそうもない今の情勢では、そうしないと仕方がないように思っています。
まあ、「明日があるさ」と…。

二つの学習会で出合ったみなさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/216-c865ff83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。