07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


JR名松線の一部廃止 

2009.10.30
Fri
19:27

中日新聞によると、JR東海は29日、台風18号の被害で不通になっている名松(めいしょう)線(松阪-伊勢奥津、全長43・5キロ)の家城-伊勢奥津間(17・7キロ)を部分廃止し、バス運行に切り替えると発表したそうです。

中日新聞記事


旧国鉄からの継承路線で、JR東海が廃止を打ち出すのは初めてで、今後地元自治体などの理解を求めた後、国土交通省に鉄道事業法で定めた一部廃止の届け出を提出する、とのこと。

「名松線」は三重の松阪から名張までをつなぐ路線と言うことでその名前がついたようですが、実際は旧美杉村の「伊勢奥津(いせおきつ)」までしかつながっていません。
そして実はその昔、この路線は松阪から奈良の桜井まで、「松桜線(しょうおう線)として計画されていた、といいます。松阪方面に出ることはなかったので、私自身は一度も乗ったことがないのですが、子どもの頃は、この路線がもし桜井まで、あるいはせめて名張まで、つながっていたら、(わがふるさとの)曽爾村はどうなっていたか、といろいろ想像したものでした。

趣味の渓流釣りに行く途中、「伊勢奥津」の駅の横を通ることがありますが、なんともいえず、いい雰囲気をもった駅舎です。「こんなことになるなら、一度乗っておくべきだったな」と後悔しています。

「収入4000万円に対し、維持管理費が8億円」という数字を示されると、「仕方ない」ということにしかならないのでしょう。「国鉄」から「JR」になった時点で、その流れは決まってしまった…。むしろよく今まで維持されていた、ということでしょうか。

ますますの過疎化。それはさけられないことかもしれません。
でも、やはり寂しさを禁じ得ませんね。

バスと組み合わせて、という形になり、JR東海も「一定の需要がある限り旅客輸送に責任を持つ」と言っているようですが、なんとか地元住民の交通手段は確保してほしい、と願います。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/223-544c1b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。