07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 地域


厚生労働省への苦情 

2009.11.04
Wed
08:23

厚生労働省は2日、同省の政策について国民から寄せられた意見や苦情が先月29日までの1週間で2247件に達したと発表しました。
日経新聞

一日300件超。今後もこのような形で発表されるということです。

「お客様の声は宝」として、今後の政策に生かすという発想も、民主党政権になって大きく変わったということかもしれません。
ただ、対応に追われる皆さんのご苦労も大変だと思います。

以前、ハローワークに行ったときは、窓口で担当者に食って掛かっている人がいました。その担当者の態度も悪かったのかもしれませんが、随分な罵声を浴びせられているのを見たことがあります。その人の人格まで否定するような。見ていて「よく辛抱しているな」という気がしました。
また、社会保険事務所では、年金相談に長い時間待たされている人たちが「いつまで待たせる」といらだっていることに対して、整理係の人がひたすら「すみません」「すみません」と頭を下げているのも。


世の中がずいぶんすさんできているように思えます。
確かに政治の悪さ、行政のまずさもあるでしょう。公務員で、仕事をしていない人も確かに見受けられます。

けれど私は、マスコミもまた無責任に不安や対立をあおっているように思えます。
度をすぎた公務員バッシングはいかがなものか、という思いです。
窓口にいる人たちが悪いわけではないのに、行政機関がバッシングを受けると理不尽な形で攻撃される…。
窓口対応している人たちも労働者ですから、その人たちへのケアの視点もないと、大変だと思います。



スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/226-55cf79cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。