07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


成人の日 

2010.01.11
Mon
20:06

今日は成人の日。

日経新聞によると、今年の元旦を20歳で迎えた人は約127万人だといいます。
最も多かった1970年(約246万人)からほぼ半減。

「団塊世代が「戦争を知らない子供たち」なら、新成人を含む今の20代や30前後の若手社会人は「バブルを知らない子供たち」だ。頭数が少ないうえ消費意欲も低い。元気がないなどと批判される。本当だろうか。団塊世代が戦前と異なる戦後日本を生きたように、新しい環境のもとでの社会と自分の成長の道を探っているのではないか。…」(日経、1月11日付社説)

今年も各地の成人式が混乱し、逮捕者がでたりしたようですが、ある意味それも、就職難や不景気に不満を持つ若者たちの今の社会への批判、なのかもしれません。もちろん、だからといって、許される行為ではないですが。

高齢化、国際化、情報化、…
世の中の仕組みが大きく変わってきています。
そんな中、地方自治体で若い首長が誕生したり、社会的企業にチャレンジしたりする人も増えているようです。だから、若者が必ずしも意欲も、元気もない、というわけではない。不安と、期待にゆれているのでしょう。

日経社説は「国や企業にすべてをゆだねていれば幸せになれる。そんな時代は終わったと若者は心得ている。こうした若者の意欲や力を引き出すことが、社会と企業の活力につながる」と結んでいます。
そのとおり、だと思います。がんばれ、新成人。

その一方で、…
団塊世代が引退した後、どんな社会を展望するのか。
社会が変わっていく中で、いやおうなしに変わることを求められているのに、躊躇して今の体制にしがみつき、誰かが何とかしてくれるのを待っている…
認めたくないけれど、自分自身の中にもそんな弱さがあることは否定できません。
一番始末におえないのは、むしろ、中途半端なボクら40代~50歳代かもしれない、という気がします。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/267-8818cae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。