06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 主張


税、社会保障の共通番号制度 

2010.01.24
Sun
10:13

情報化がどんどん進み、こういう制度が導入されるのも時間の問題だと思っていましたが、いよいよ現実的になってきました。

菅財務大臣が税と社会保障の共通番号制について、「遠くない時期に複数案を固め、1年の間に合意形成ができればと思う」と述べた、とのこと。

記事

以前は、「国民総背番号制」構想というものがありましたが、「国家が人間を番号で管理するのはいかがなものか」等々さまざまな反対論があり、導入には至っていません。
その一方で、住民基本台帳ネットワークや年金・基礎年金番号といった個々の施策でコード化・オンライン化が進みました。「消えた5000万件の年金記録」は、その不備が明るみに出た問題だと思いますが、サービスを提供すると同時に、情報や所得をきちんと把握・管理し、それに応じた社会保障負担をする、という制度が確立しなければ、今後、年金も医療も、制度が持たない、ということでしょう。

管理や治安、ということではなく、公平な負担と給付を確保するという意味では、もはや反対論は説得力を失っているのかもしれません。
ただ、具体的な導入にあたっては、膨大な個人情報を国が管理することになるし、人の生活状況というのは実に複雑なので、すべてを画一的に枠におさめきれない、という部分もでてくるでしょう。情報漏えいや悪用されないための措置など、検討課題はたくさんあると思います。

これも、今後の動向に注意しなければならないことの一つ、ということになるでしょう。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/277-8ba8e0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。