07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 年金


年金改革 

2010.01.26
Tue
21:37

民主党の公約の一つでもあった年金改革に向けて、いよいよ動き出しそうな気配です。

日経新聞によると、政府は参議院議員選挙前にも関係省庁による協議会が設置する方向で検討に入った、としています。

そのポイントは
・月7万円の最低保障年金
・そこに所得比例の年金を上乗せ
・正確な所得把握と保険料徴収のための体制(税と社会保障の共通番号、歳入庁)
・移行のための措置
 等々。

いちばんの問題は、やはり財源でしょうか。
鳩山政権の4年間は、「消費税をあげない」としているものの、制度改革に必要な財源は、消費税しかないでしょう。
低所得者の救済措置として「給付付き税額控除」導入も検討されはじめているようですが、そのためにも所得の捕捉は必須条件。

誰なのかは明らかにされていませんが(多分、あの人?)、閣僚の一人は「消費税率上げの前提は、年金制度改革と番号制の導入だ」と明言sているとか。つまり、年金改革と、共通番号制と、消費税率アップは、三点セットだということですね。

もう一つ気になるのは、移行期の取り扱い。
すでにこれまでも、経過措置の繰り返しでわけがわからなくなっている年金制度ですが、
・年金受給者は、現行制度に基づき年金を支給
・現役世代は現行制度と新制度の合算額を将来受給
ということのようですが、その中身や、移行期間の長さがどうなるのか。

とても気になるところです。

キタバ社労士事務所
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/279-f80079fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。