09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 主張


ワークライフバランスと入札 

2010.02.14
Sun
08:28

ワークライフ・バランスが強調される中、日経新聞によると、政府は女性の雇用促進や労働時間短縮などに取り組む企業を、公契約も入札で優遇する方針を固めた、とのことです。

2010年度から内閣府の施設修繕や物品調達で導入し、効果を見て、他省庁への拡大も検討する、とのことで、福島瑞穂男女共同参画担当相が15日の内閣府の会議で表明するそうです。

すでにいくつかの自治体の公契約の入札では、ワークライフバランスや障害者雇用など、政府が取り組みを推奨している制度を導入している企業を優遇する仕組みを導入していますが、全体的にはまだまだこれから、と言ったところですから、こうしたとりくみがさらに地方自治体にも広がっていくことになるのでしょう。
育児介護休業法や障害者雇用促進法が改正され、企業の取り組みが求められているだけに、公的機関ががそれを後押しするような仕組みを導入するのは、いいことだと思うし、当然のこととも言えます。
また、CSR推進の動き、とみることもできます。

このあたりにも、民主党政権になったことにともなう変化が現れているような気がしますね。
ただ、具体的な入札制度の設計については、なかなか課題も多いでしょう。
形式だけ整えて、実態が伴わなければ、「不公平」との批判も出てくるでしょう。どのような仕組みにするのか、どう実効性をたかめるのか。どう癒着をふせぐのか…

仕事をとる、ということだけが目的化して、肝心の制度の趣旨が浸透しないと、当事者はかえってつらい思いをする、ということにもなりかねません。

そうした視点をもって企業にきちんとアドバイスするのも、社労士の役割になるのでしょう。

キタバ社労士事務所
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/287-ef934036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。