08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


NPOへの寄付 

2010.02.26
Fri
18:42

鳩山首相は、今国会の所信表明演説で「新しい公共」ということを言っていましたが、昨25日にはNPOへの寄付をしやすくするように、税制改正を指示した、とのこと。

日経新聞


先日、奈良県内のNPO関係者と話していたこととも共通する内容で、やっぱりこれからはこういう方向に進むのだろうな、という思いを強くしました。

高度経済成長期には、いわゆる「大きな政府」で、国がお金を集めて、福祉分野にお金をまわす、という仕組みだったと思います。それが、景気が悪くなり、人口も減少していくという局面の中では、そういう構造ではやっていけなくなるので、企業や個人が、行政を補完する公的な活動をしているNPOや民間団体に、「寄付」という形で資金提供できる仕組みを作っていく必要がある、ということでしょう。

「小さな政府」では格差が拡大して問題が次々に出て来た
けれども、「大きな政府」にするほど、経済的にも社会的にも余裕がない

だから、「あたらしい公共」なのだと。
そういう流れは、必然的なのでしょう。



それにしても…
最近、特に思うのですが、法改正が次々行われる割には、行政から配布される情報提供がお粗末、という気がします。
「なんじゃ、こりゃ」というようなシロモノで、読みにくいし、内容もわかりにくいし、デザインのセンスは全く感じられません。
急増している外国人への配慮がないのも、先日インドの人が言っていた通りだし。
いかにも、「お役所仕事」と言う感じで。
こんなんで、苦情は来てないのでしょうかね?
NPOが作った方が、よっぽどまともなものができる、という感じがします。

行政の機能も、なんだか随分低下しているようにも思えます。

これも、予算が削られているせい?

だけど、行政には、なんでも「NPOに」ということにして、自分たちが楽をするためにNPOを利用する、というのはやめてもらいたいですね。

キタバ社労士事務所
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/291-f1e485ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。