09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


障害者の就職 

2010.05.08
Sat
12:59

「2009年度にハローワークを通じて就職した障害者は、4万5257人で前年比1,8%増」とのこと。

記事

障害者の雇用が広がってきたことはいいことだと思う。
「障害者雇用促進法の改正」も、ひとつの要因になっているのだろう。
ただ、就職数を新規求職申込者の数で割った就職率でみると、36,0%と3年連続低下している、とか。
厚労省は「企業の受け入れ態勢も充実したが、採用抑制は依然続いている」と言っているようだ。

こうした記事が掲載されるたびに思うのだが、障害者雇用促進のために、「納付金」や「調整金」、「助成金」制度があるのに、そのことがあまり知られていない。というより、宣伝されていない、という方が正確か?
新聞発表する時に、こうした制度のことを併せてアナウンスするべきだと思うのだが…。

障害者雇用率(1,8%)を達成していない企業は「納付金」を払わないといけないことになっているが、現在300人以下の企業はその義務を猶予されている。
しかし、今年7月からは、この猶予措置が200人以下の企業に引き下げられることになっている。
つまり、今は納付が猶予されている201人~300人規模の企業は、新たに対応を迫られることになるわけだ。
逆に、障害者雇用に積極的な企業には、「調整金」や「助成金」が用意されている。

はじめから障害者雇用に熱心な経営者は、そう多くはないだろう。
けれど、実際に雇ってみて、職場全体の意識がいい方に変わり、業績がアップした、という話も聞く。
そんな事例を紹介したり、助成金を活用して、こんなふうに良くなった、というような宣伝もするべきではないか。

働きたい障害者と、企業をマッチングする仕組みが、もっとひろがればいいのだが。


スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/313-4a8abc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。