09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ぷろぼの 

2010.08.05
Thu
22:17

奈良市にあるNPOぷろぼのを訪ねました。

先日ある会合で理事長のYさんとお話しする機会があり、興味がわいて、活動内容についてもう少しお伺いしたいと思って、近くに行ったついでに事務所に寄ってみたのです。
突然の訪問だったにもかかわらず、理事長Yさんは丁寧に活動内容について教えてくれました。

「ぷろぼの」は、障がい者が一般就職に必要な、本格的なIT技術を習得できるようにするための、 就労支援専門の福祉事業所で、「すべての障がい者がプライドや生きがいをもって地域社会で自立した生活ができるように」とITを利用した障害者の自立支援活動を展開しておられます。

その中身は私が想像していた以上に、すごい活動、でした。


キタバ社労士事務所
この7月から、障害者雇用促進法の改正で法定雇用率(1.8%)を満たしていない事業所に課せられる「納付金」の対象が、これまでの「301人以上」から「201人以上」と引き下げられました。
そのことの影響なども聞いてみましたが、「前進には違いないが、奈良県内では対象になる企業が圧倒的に少ないので、まだそれほど大きな問題と認識されていない」「中小企業の経営者の中に、障害者雇用の意識が生まれてくればいいのですが」とおっしゃっていました。

理事長自身がIT業界の出身で、そうした方面に長けている、ということもあるのでしょうが、ITと障害者の自立をリンクさせ、ソーシャルビジネスとして見事に運営されています。


また、「障害者自身が、甘えるのではなくビジネスの場で通用するようなスキルを身につける」「親や支援者が前に出るのではなく、障害者自身が主人公になるような活動」が必要と、「自立」や「エンパワメント」の重要性を説いておられたのも、共通の問題意識でした。

「同情」や「あわれみ」ではなく、「尊厳」をもった課題解決型の取り組み。
こんな活動がほかにもひろがっていけば、もっともっと面白くなりそう、ですよね。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/338-ca870cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。