06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ソーシャルビジネスシンポ 

2010.08.28
Sat
22:33

奈良NPOセンター主催の、「ソーシャルビジネスシンポジウム」に行ってきました。

基調講演は京都産業大学の大室悦賀准教授。
「大きな政府」が望めない中で、今後の流れは、「大きな公共」を目指す多様な取り組みへ。
事業型NPOや、社会志向型企業、それに今後は一般企業もどんどんソーシャルビジネスに参入してくる時代。

特に、
「サラリーマンの時代は終わった」
「いまや、『何とかなる』ことはない。自ら何とかしなければならない。それくらい私たちが置かれている環境は厳しい」
「一億総自営業者の時代」
等と、ユニクロの柳井氏の言葉を引用していたことが心に残りました。

また、最後はやや時間が足りなくなって、あまり詳しく解説はありませんでしたが、紹介されていた
愛媛県の「しまの会社」にも、とても興味を惹かれました。

レジュメにこんな文章が紹介されていました。
「地域が変われば世界が変わる。
世界が変われば、地域が変わる。
その根本は、人々が変わることです。
人の変革を通して、市場システムを変えることです」

奈良県の山間部でも、同様の問題がいっぱいあります。
みんなが不安を抱えているけど、誰も言い出さない、いや言い出せない、というのが実際でしょうか。

でも、こんな風に前向きに問題と取り組んでいる会社や地域もある。

問題は「何とかしよう」という人がつながって、具体的に「何か」を始めることでしょう。



キタバ社労士事務所

そして「時代を作るソーシャルビジネスで奈良を元気に」と題したパネルディスカッションでは
スタイリッシュで若者が乗ってきそうな事業展開をする県内外のNPOや株式会社の紹介がありました。
具体的には
・シードプランニング合同会社(NPO M'sネット)の北島さん
・株式会社地域活性局の藤丸さん!
・ーSTYLE(エクスクラメーションスタイル)の吉野さん。

それぞれ、あつい思いでソーシャルビジネスに取り組んでおられます。
みんな、若くて、ユニークです。
それに「志」がある。そして元気です。


社会問題を解決する手法は、多用です。特に、若者に従来型の雇用が保証されなくなっている中、これからは若者自身が起業してそこにチャレンジする、ということも頻繁におこってくるのではないでしょうか。
そんな予感がします。

遷都1300年を節目に、奈良でソーシャルビジネスが花開いたらいいな、と感じました。

キタバ社労士事務所


スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/343-09584b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。