09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: ビジネスアイディア  * janre: ビジネス


* category: ビジネス


スーパーホテル 

2010.11.09
Tue
22:41

平城遷都1300年で盛り上がった奈良県。
しかし県内にはホテルが少なく、大阪や京都に宿泊して、奈良を訪れた、という人も多いはずだ。

観光地としては宿泊施設の貧弱さが指摘される奈良県だが、
JR奈良駅前に、前からちょっと気になっていたホテルがある。
スーパーホテルLOHAS・JR奈良」だ。

できた当初は、「ホテルにまでLOHASを掲げる時代か」と少しびっくりし、
「キャッチフレーズがうわすべりしないのか?」と批判的な感想を持ったもの。
いったい、仕掛けたのはどんな人なのか、と思っていたが、
このほど全国に94店舗を展開する株式会社スーパーホテル会長の山本梁介氏の話を聞く機会があった。
そして、とても学ぶところが多かった。

LOHASとは、Lifestyles Of Health And Sustainability 、
つまり「健康と持続可能性の(あるいはこれを重視する)ライフスタイル)」。
人と地球にやさしい、21世紀のキーコンセプトとなる価値観だ。

スーパーホテルは「ぐっすり眠れるLOHASホテル」をキャッチフレーズに、
ビジネスホテルで顧客満足1位、
2009年日本経営品質賞を受賞したという。

会長の思想が会社のコンセプトになり、
社員を自立型感動人間として育てあげ、
お客様へのサービスを提供した結果、ということだろう。
LOHASという切り口で、お客様に貢献し、
信頼を得て、利益をあげ、従業員の成長も実現する。

批判的に見ていた自分の認識を、180度変えなければならない、と思った。


キタバ社労士事務所




このホテルは、ただ「安い」、だけではない。
このホテルに泊まった人は「ここまでやるのか」と感動し、リピーターになるという。
そしてお客様からもらった「ありがとう」の言葉を、社員全体で共有し、さらに質の高いサービスを目指す。


もちろん、課題もそれなりにあるはずだ。
だけど、理想を掲げて、それに向かって全社一丸となって日々努力する姿は、
まさにお手本だ。
そして、「経営者にとっての楽しみは、利益より人が育つこと」というあたりにも、
学ぶべき哲学がある。


翻って、いまだ修行中で何も形にできていない自分が哀しくもある。

そこで、自分自身に問う。
では、お前のコンセプトは何???
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/359-2a49878e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。