04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


「Cars」 

2006.07.03
Mon
11:58

ほぼ3カ月ぶりになる。
この間、さぼっていたのは、なんか何をやるにも無気力になってしまっていたから。
いかんな~。某試験ももうすぐなのに、なかなか集中できない。

で、今また書こうとおもったのは、7月1日に見た映画「cars」が、予想以上に面白かったから。子どもにせがまれて行ったのだが、あれは完全に大人向きの映画、だと思った。
映画としての評価は、よくわからない。
子どもが車好きで、予告版を見た時から「行きたい」といっていたのだが、ディズニーとピクサーの映画だから、悪くはないだろうと思いつつも、「まあ、子どもにつきあうか」というぐらいの気持ちで、あまり期待もせず、予備知識も持たずに見に行ったのだ。

だけど、けっこうよかった。

 「スピードがすべて」「競争に勝つことがすべて」
 「何がなんでも、勝たなきゃいけない」
 
そんな風潮が蔓延する今の世の中にあって、

 「ホントにそうか?」「何か忘れていないか?」

と価値観を問い直す。そういうことが必要なんだ、という気がした。
子どもはこどもなりに喜んでいたが、これは完全に大人向けの映画だ。

 「まわりもみんなそうだから」「仕方がない」
ということでは、自分もまた、そうした競争至上主義の空気を構成する一要素になってしまう。

奈良・田原本の事件や東大阪の大学生の事件、…。
殺伐とした事件が続いているが、他人事ではない。
自分もそうした空気の中で生きていることを自覚すべきだ。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/36-21470f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。