10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 未分類


ISO26000 

2011.09.15
Thu
06:07

ISO9000や14000というのは、ご存知の方が多いと思いますが、
ISO26000というのが昨年、11月から発行しています。

ISO26000は、企業の社会的責任に関するガイドラインの一つで、ISOや国連、ILO、政府機関、NPO/NGOなど多様な立場の人々が関わって作り上げたSOCIAL RESPONSIBILITYの規格です。

これまでの9000や14000などでは、おもに環境分野で取り上げられることが多かったのですが、26000はいっそう広げて経済や社会の側面、特に人権とか労働の分野でも、法令遵守し、ステークホルダーの利害の尊重を掲げているのが特徴です。

ただ、26000は「認証」を得るということではなく、企業の取り組みの自主的なガイドラインということなので、はたして企業がどれくらい取り組むかは未知数。

昨日行われたあるコンサルタント会社のセミナーで聞いてみたところ、その講師が「知っている限りでは、まだ10にも満たない」ということでした。

また、参加企業の担当者は「日本では、人権というのは当たり前にやっていることなので、問題にならないのではないか」とおっしゃっていましたが、問題があっても、見ようとしなければ見えないもの。

これからグローバル化、情報化が進む中で、日本の企業がそうした認識ではちょっと危ういのではないか、という気がしました。

この国際規格にとりくむことで、「人を大切にする」企業文化が根付いていってほしいものだと思っています。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/423-2122d3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。