09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

* category: スポンサー広告


スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 労働


県の緊急雇用対策 

2009.01.06
Tue
17:09

奈良県が昨年末に発表した緊急雇用対策で、「離職者を対象とした日々雇用職員の募集」というのがある。「離職を余儀無くされた非正規労働者の生活の安定を図るとともに、県行政事務需要に対応するため、解雇や雇い止め等により離職した方を対象に、県の日々雇用職員を募集します」というものだ。

http://www.pref.nara.jp/ddt_aspx_itemid-11888.htm
職種は事務補助等、採用人数は50人程度、ハローワークを通じての募集、とのことだが、

応募資格は
・解雇や雇い止め等により08年11月1日以降に離職を余儀なくされた方、または離職が確定した方
・求職活動中の方
・県内居住、または県内で勤務していた(いる)方
という3つの要件を満たす必要がある。
雇用期間は2月1日からの2カ月間、4月以降は行政事務需要等を見た上で判断し、その後の雇用継続は最長でも4カ月間となっている。

では10月31日以前ではだめなのか?期間が来たら「はい、さよなら」なのか?
基準を作らないといけないのはわかる。でも、こんなタイトな条件で今の雇用問題をどうしようというのだろう。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

こんばんは。お邪魔します。
沖縄でも同様の動きがありますよ。
県ではなく、県庁所在地の那覇市と、私の住んでいる浦添市で臨時雇用を募集するようです。

全国的に同様の動きが広がっているかもしれませんね。
しかし、私個人としては、「臨時」というのがとても気になります。
2ヶ月、4ヶ月経った後は、結局職探しをしないといけないですから。

本来は、もっと根本的な取り組みが必要なんでしょうけど、なかなか対策を打てないので、とりあえず、身近なところから・・・というところなのかもしれませんね。
【2009/01/06 20:27】URL | coda #- *編集*
県の緊急雇用対策
codaさん、コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

他府県でも同様の取り組みがあって、それに追随するというのが奈良県行政のこれまでのパターンですから、「11月1日以降」「まず2カ月、その後様子をみて4カ月」などというのも、多分他府県の例にならって決めているのだと思います。でも、ポリシーがないんですよ。今回の施策も、何もしないよりましかもしれませんが、「とりあえず批判されないように県でもやっておこう」というレベルです。

地元ローカル紙によると、「初日に6件の申込みがあった」とのこと。「ともかく食いつながないと」という切羽詰まった人が多い、ということでしょう。

昨秋にある集会で県の雇用労政の担当者の話を聞いた事がありますが、全体として非正規労働者や貧困の問題をどうするか、と言う議論をしているのに、県での実態をつかんでいないだけでなく、「県が策定している長期計画は…」などとピントはずれの発言をして、参加者のひんしゅくをかっていたのを知っているだけに、つい厳しい言い方になってしまったかもしれません。


【2009/01/07 10:20】URL | okuuda #uxP9udz. *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://okuuda.blog32.fc2.com/tb.php/73-397737e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

リンク

おすすめ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。